… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は08月17日(木)子安運河」です。(7月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ余裕があります。)
「次回は08月18日(金)戸塚区民文化センター(皆で同じ風景を描く)」です。(7月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

外スケッチ用水入れの更新  

 私の外スケッチの際のスタイルは今までも何度か紹介してきたような気がしますが、こんな感じです。
 今はカメラ用三脚も、もっと軽量のビデオ用三脚のセットになっています。水入れも少し変遷しています。

 160715 160715

 この後、水入れはサイズ的にも丁度良かったのでダイソーの300ml密封容器に変わっていました。密封容器であれば持ち運びも、スケッチの際の場所移動も簡単ですから…。
 ところがどうやってもダイソーの容器は水漏れを起こすのです。これでは仕方ありません。

 そこで新しい密封容器に変更することにしました。

 新しくなったのは密封容器TWISTです。これはどうやらコーナンのオリジナル製品のようですね。
#私の知る限り、水入れに使えそうなのは以下の3つ。ジップロックもありますがこれはデザインも好きではないので却下です(笑)。
 左奥がTWIST330ml、中が360ml。右がスクリュートップ・キーパー500ml(現在コーヒー豆入れに使用中)。手前のカットしてしまったのは、これまで使っていたダイソー300mlです。
 基本的には、深型の方が水もこぼれにくいし、筆も差したままにできるなど使いやすいと思います。

 160515

 TWIST330mlはサイズ的に水入れの穴との適合性に少し不安が残っていたのですが、やはり気楽に使うには不安があったので、これまで使っていたダイソーの容器をカットして嵌めました。残りは計量カップにでも使いましょうか(笑)。

 160515

 ちなみに丸く穴を開けるのは大変だと思われるかもしれませんが、2.5mm厚程度のものならカッターで十分加工できます。

category:  ┗ 教室16年

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ