… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は10月31日(火)荒崎海岸(荒崎公園)」です。(10月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ少し余裕があります。)
「小島新田(運河)は11月3日(金)」に延期しました。
「次回は10月27日(金)代々木公園」です。(10月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

わさび農場の水車2:F6セヌリエ  

わさび農場の水車2

 大王わさび農場の三連の水車のうち真ん中のものは、このとき工事中でしたので、もう一つの水車を描いてみました。
 同じような絵ではつまらないので、少しでも変化をつけたいと、今回は、縦構図の透明水彩で描いてみました。
#構図的には、先の絵と殆ど違いませんが、全体的な印象は、私はこちらの方が好きです。
#皆さんはどんな風に感じましたでしょうか?


 透明水彩としては、やや色彩が沈む(彩度が落ちる)アルシュのつもりで描いていましたが、途中で様子が違うのに気づきました。セヌリエだったのです。

 こうやって描き終わった絵をみると、田舎で絵画教室を開いている友人に言われた言葉「もっと魂の冒険を!」を思い出してしまいます。

・セヌリエ/F6/荒目/300g/白色
 この水彩紙、私は決して嫌いではありません。しかし、今回は、使い慣れたアルシュで描いてみたいと思っていたのですが…。


PS
 鎖骨骨折のその後ですが、リハビリに入ったところやはり不調です。
 そんなにリハビリを急がないで、もっと骨の状況が確実になってからで良かったのに…と、医者に文句の一言も言いたい気分もありますが、結局、別の病院を紹介されてしまいました。
 今度は、電磁波治療になるのかもしれませんが、どうも期待できそうもないですね。いずれ、手術ということになってしまうかもしれないという予感もあります。
 本日も、肩の具合がいささか不安です。もうすぐ4ヶ月。紹介された病院へ持参するため、レントゲン写真を預かってきましたが、それを見ると、やはり骨がくっついているような気がしません。困ったモノですね(^^ゞ。

category: ┗ 風景06年

tb: --   cm: 5

コメント

印象ですが

構図に影響されているのかもしれませんが
こちらの方が色に深みがあるような。
色が立体的かなあ(←なんだこの言葉は)。

私個人の勝手な好みとしてはこちらです。

ところで鎖骨の方、困ったものですね。
ゆっくり治してください。

のほほん父さん #- | URL
2006/01/21 14:52 | edit

>のほほん父さん
 まだアクリル絵の具に慣れていないこともあるのでしょうが、私もこちらの色彩の方が好みですね。
#ただ透明水彩の方が慣れているだけかもしれませんが…
 それに全体としても、こちらの方が時間をかけていますから、それも影響しているのかもしれませんね。

 ただ私の描き方ですと、アクリルの方が簡単かもしれないと思う「今日この頃です。」
#きっこのブログってご存じですか?

 鎖骨の方は、命に関わるわけではないので気楽なものですが、それにしても…ですねぇ。

のび太 #- | URL
2006/01/21 16:38 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2006/01/21 20:34 | edit

きっこのぶろぐ?

うーん、しりませんでした。どこ?

のほほん父さん #- | URL
2006/01/21 21:04 | edit

 「きっこのブログ」で検索してみてください。すぐに見つかります。
 耐震偽装問題、ライブドアの問題、牛肉輸入問題等、参考になると思います。そこでの使われている常用句なのです。
 余計なことですが(^^ゞ。

のび太 #- | URL
2006/01/21 21:20 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ