… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は08月17日(木)子安運河」です。(7月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ余裕があります。)
「次回は08月18日(金)戸塚区民文化センター(皆で同じ風景を描く)」です。(7月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

ちひろ美術館からの安曇野:F4アルシュ  

ちひろ美術館からの安曇野

 安曇野での最後の訪問先は絵本作家の「いわさきちひろ」の美術館でした。
 ここの建物は、安藤忠雄氏と同様、自分で主催する設計事務所から東京大学教授に転身した内藤廣氏です。東大や京大などは、このように民間から教授を受け入れているのですが、他の旧国立大学では、論文がどうだこうだと言ってなかなかこういうことはしませんね。
 安藤忠雄氏は打ち放しコンクリートに特徴があるのですが、彼は、建物を覆う屋根の形態に特徴のある建築家だと言えましょう。私は、彼の建築の方が好みです。ここ「ちひろ美術館」でもその特徴を発揮しており、さすがの空間をつくっていたのですが、それを絵にしようとは思いませんでした。

 ここを訪れてみて、むしろ、屋外庭園からの安曇野の夕暮れを描いてみたいと思ったのです。

 そうそういつの間にかカウンターが20000を超えていました。多くの方々のご訪問に感謝します。

・アルシュ/F4:26×36cm/中目/300g/ブロック/白色
 この下絵はダーマトグラフを使ってみました。すこし、ぼんやりとした絵を描いてみたかったからでしたが、もともとの用紙の目が思ったより粗く、当初の狙いを十分発揮できなかったような気がして、鉛筆で加筆してしまいました。
 今、私が思うには、F4程度のサイズでダーマトグラフを使うには、ちょっと無理があるかなぁと…。

PS
 一度は皆さんに良いご報告ができたと思っていた鎖骨骨折の具合ですが、最悪の経過をたどっています(^^ゞ。医者の話では、骨折箇所が肩に近い所なので、もともとくっつきにくいところなのだそうです。
#最初の医者でそういう話しを聞いていれば、もっと注意していたのでしょうが…。
 今度の病院で診察してもらったところ、骨がくっついているとはとても言えないとのこと。それで新しい治療方法は、毎日20分間、超音波を照射し患部を刺激しながら骨の回復を促す治療です。少なくともこれから4ヶ月ほど様子を見る必要がありそうです。
 それでも回復しない場合は、患者の希望によりますが、骨盤から一部の骨を切り取り、鎖骨の欠損部に埋め込むとともに、チタンで固定するような手術を行うことになるだろうとのこと。それでも骨がくっつかない場合があるということです。
 皆さんは、鎖骨ぐらいと甘く考えないようにして下さいね。

category: ┗ 風景06年

tb: --   cm: 8

コメント

あちこちで

スケッチしながら歩き回れると楽しいでしょうね。
なかなか果たせそうもありません。うらやましいかぎり。
ちひろ美術館は覗いてみたのですか?
いわさきちひろは生絵を見てみたいと思ってます。

ところで、鎖骨、長引きますねえ。御自愛ください。
(ウチのオヤジの鎖骨どうなったかなあ←親不孝モノ)

のほほん父さん #- | URL
2006/01/27 00:16 | edit

>のほほん父さん
 もちろんちひろの絵は堪能してきましたよ。
 最近、気持ちの良い風景の中で絵を描きたい気持ちがますます強くなってきました。

 鎖骨は最悪です。仕方ないもんですね。

のび太 #- | URL
2006/01/27 00:54 | edit

鎖骨を心配していましたが、よくないですね。どうかくれぐれもお気をつけて。うちの息子は8年前アメフトで鎖骨の複雑骨折。手術をしてチタンを半年ほど埋め込み現在は普通。歳の違い?

ぷりうす #- | URL
2006/01/27 08:44 | edit

>ぷりうすさん
 ご心配ありがとうございます。
 歳の違いも大きいのでしょうが、初期の養生が悪かったのと、リハビリに入りましょうと言うことで早めに動かしすぎたこともあるのでしょう。それも2度も…(^^ゞ。

のび太 #- | URL
2006/01/27 09:55 | edit

痛みは強いですか?
どうぞお大事にしてくださいね。
絵もゆっくり描いてくださいね。

かこ #FYiaDmh6 | URL
2006/01/27 15:52 | edit

>かこさん
 ありがとうございます。
 もちろんそのつもりです。ボチボチ行きます(^_^)。

のび太 #- | URL
2006/01/27 17:43 | edit

安曇野ちひろ美術館、いつか行きたい美術館の1つです。自然に囲まれた贅沢な環境ですよね。こんなところで1日中ぼ~~~っと過ごしてみたいです。

鎖骨骨折ですか?。どうぞ無理なさいませんように。お大事に・・・。

リセ #3WMyaJzU | URL
2006/01/31 22:59 | edit

>リセさん
 この美術館の絵はあえて描きませんでしたが、なかなか良いところですよ。もちろんいわさきちひろの絵もね。
 是非機会を見つけて行ってみられることをお勧めします。

 骨折の件、ありがとうございます。今や、あきらめず、期待せずっていうような心境でしょうか?

のび太 #- | URL
2006/01/31 23:47 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ