FC2ブログ

 … 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」生活の日常を綴ったブログ日記です。
 絵を描き始めた頃の絵は「絵画ギャラリー」に、そして最近(2007年~)の絵は「Facebook」に展示しています。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。
 木曜日教室、金曜日教室を便宜的に分けてありますが、当面は相互に参加自由としています。

 新たに「通信講座(四季彩の会掲示板)」を始めました。その概要はこちらです。

◆木曜教室
 04月08日(木)多目的S12:45~(各自)(04月からの日程)
■金曜教室
 04月09日(金)舞岡公園(芽吹きの風景)(04月からの日程)

▼遊彩会(火曜日)  まだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

 

遊彩会:体験講座  

 本日の遊彩会は、年1回の体験講座でした
 会場に着くと、体験講座を希望された方は8人とか。しかも全く未経験の方も何人かいらっしゃるとのこと。

 今までの経験で言えば、経験の乏しい人ほどいろいろ指導して欲しいと考えているものです。それで今日は体験希望の方を中心に(と言うか専ら体験希望の方々を相手に)、私の絵画論を語りながら用意していた果物を描き始めました。
 本日話したことは。
・水彩画についての考え方
・透明水彩絵の具の特徴、生かし方
・絵を描く手順、ポイント(形より影)
・絵にとって重要なこと
・光の描き方
・雰囲気の描き方
 等々
 自分で言うのもどうかと思いますが、水彩画を描く上でなかなか良い(大切な)話しができたと思います。

 そして、それを踏まえた上で皆さんにも描いていただきました。
 それにアドバイスしながら、少し手を加えながら、小さなスケッチブックに鉛筆画も描いてみました。

 着彩画の方は、構図的にも中途半端でしたし、失敗する描き方の紹介もしたりと、もともと仕上げることはあまり考えていなかったのでいい加減なものですが、案の定とても仕上げまで持っていく気にもなれない具合だったので、この絵はこれで終了です。
#そんな絵をアップしても仕方ないのですが、一応記録としてここに残しておきましょう。

 180320temp

 そして、鉛筆画の方は、参加者の中で最も若い方にプレゼントさせていただきました。
#もちろんその絵はここにアップすることはできません。

 そして最後の30分。
 遊彩会の方々や体験希望の方々の描かれた絵の講評をして終了。

 最後に 「本日は充実した時間を過ごされたことと思います。お疲れ様でした。」と締めくくりの挨拶をさせていただいたのですが…。

 その後のティータイムで 「一番充実していたのは先生でしたね。」と言われてしまいました(苦笑)。
 もちろん冗談ですよ。

category:  ┗ 教室18年

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ