fc2ブログ

 … 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」生活の日常を綴ったブログ日記です。
 絵を描き始めた頃の絵は「絵画ギャラリー」に、そして最近(2007年~)の絵は「Facebook」に展示しています。

 「水彩画教室(四季彩の会)」の詳細はこちら。(室内教室は戸塚駅周辺、戸外スケッチは横浜全域から周辺地域)
 ●5月の室内教室は以下のとおりです。見学の方はこちらへどうぞ。 
 ・5月02日(木)多目的S中12:45〜17:00(各自)
 ・5月17日(金)多目的S中12:45〜17:00(共通)
 ・5月23日(木)多目的S中10:00〜14:45(各自)
 ・5月31日(金)多目的S中10:00〜14:45(共通)
 ●(2024年04〜06月)の会員向け日程はこちら。(パスワードが必要) 
 ●近づきましたのでお知らせします。<平澤薫+「四季彩の会」有志水彩画展>のご案内 。 

世界文化遺産登録記念・長崎旅行(その6:鍋冠山・オランダ坂)  

<3日目(11/30)-1>

 起床しての窓外の風景。今日は昨日より光が弱い。

 181130

 昨日の経験から、ホテルの朝食をたっぷり食べておけば途中食べなくても良さそうだと思えてきた。これは歳をとって便利なことかもしれない(笑)。
 今日の狙いは、長崎市街地の展望を、鍋冠山と稲佐山、双方から見てみるということである。

 目的地へ行く前に、今でなければ撮れない風景を…ということで、ここは、ホテル近くの狙っていた風景である。

 181130 181130

<鍋冠山>

 181128

 さすがに、上りは辛いのでタクシーにした。1110円だった。
 展望台に上がったら殆ど近隣の人が犬の散歩で来ているくらいだ。観光客らしい人は殆どいなかった。
 絵を描くにはこのパノラマからどこを切り取るかが問題である(笑)。

181130

 それに、下りる高さによって見える風景の印象も異なってくるし…。

 181130 181130
 181130 181130
 181130 181130

<オランダ坂>

 展望台で一人のんびりしていた人とお話ししていた方、地元の方だというのでオランダ坂へ向かうのに適切なルートがあるか聞いたら、帰る途中だというので途中まで送っていただけることになった。
 グラバー園の裏道のようなものだが、途中エレベーターや斜行エレベーターを乗り継いで最短ルートでオランダ坂に向かうことができた。

 181130 181130
 181130 181130

 オランダ坂は「大浦天主堂」の次の「石橋」駅が近い。
 ここから孔子廟、東山山手洋風住宅群へと上っていく。

 181130 181130
 181130 181130
 181130 181130
 181130 181130
 181130 181130
 181130
 181130
 181130 181130
 181130

 途中、ここでコーヒータイム。

 181130 181130
 181130 181130
 181128

 大通りに出る手前、こんなちょっと良い雰囲気のホテルも…。

 181130

category: ┗取材・旅

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ