… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は08月17日(木)子安運河」です。(7月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ余裕があります。)
「次回は08月18日(金)戸塚区民文化センター(皆で同じ風景を描く)」です。(7月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

愛犬の死  

 我が家の愛犬「アレックス」です。

 年齢のせいか、このところ随分おとなしくはなっていたのですが、2月13日、突然元気がなくなったとので医者に連れて行ったら、かなり進行した「(悪性)リンパ腫」との診断でした。
 10日ほど入院させた後、自宅で静養させていたのですが、さきほど安らかに見送ることができました。
 もう1週間もすれば、13歳になっている筈でした。

 長い間、私たちを何かと楽しませてくれたことに「感謝」です。
#いつか、ここに昔の姿をアップすることもあるかもしれませんね。

category: ●ご挨拶等

コメント

すごく、すごく寂しいでしょうけれど。
やすらかに見送ることができたことは良かったですね。

はむ #- | URL
2006/03/08 20:53 | edit

>はむさん ありがとうございます。
 本当にそれが救いですね。
 でも、生き物を飼うということは、それを看取ってあげることになるということを考えると、我が家ではもう生き物を飼えないかもしれないですね。

のび太 #- | URL
2006/03/08 21:47 | edit

人間でも動物でも看取るということは、何度も経験してきただけに今のお気持ちはお察しします。
楽しかった思い出をいっぱい思い出して、いっぱい涙を流してあげて下さい。
それが一番の供養になると思います。

コロコロこころ #- | URL
2006/03/08 23:49 | edit

今まで一緒にいた存在がいなくなること…。
心がすーすーして、どうにもならない気持ちになりますよね…。
死と向き合うということは、言葉にできない心の体験ですね…。

こげとり #- | URL
2006/03/09 02:43 | edit

はじめまして(^^)

素敵な風景画に惹かれて履歴からおじゃましました。
のび太さんの力作を楽しませてもらおうと思ったのですが
愛犬の死という記事に動揺しちゃいました・・・。
わが家の愛犬1号は今年12歳になるのですがリンパ腫の疑いがあり
経過を見ているところです。おまけに心臓にも異常があり変な咳をしています。
初めて飼った子なので愛犬との別れは経験がないのですが
想像しただけで涙が出ます。何と声をかけていいのか分かりませんが・・・
アレックス君はきっと幸せだったと思います!

落書きのような絵しか描けない私はのび太さんの絵に憧れちゃいます!
これからちょくちょくと絵を見に寄らせていただきますので宜しくお願いします♪

manekiinu #- | URL
2006/03/09 09:23 | edit

>コロコロこころさん はじめまして!
 どうもありがとうございます。そうしてあげたいと思います。

 ブログの方も見せていただきました。フリーソフトなど、いろいろ参考になるものも多く、こちらの方も楽しみにさせていただきます。
 私もそちらは嫌いではありませんので、こんなページを作ったりしていました。ご紹介しておきますね。
 http://www.asahi-net.or.jp/~pk2k-hrsw/hp200lx/hp200lx.htm

のび太 #- | URL
2006/03/09 11:09 | edit

>こげとりさん
 もうすぐ、昨年末結婚した娘が新居の方に引越します。(今までは別居だったのです。)
 だからこの3月、我が家では、家族が2人いなくなるようなものですね。
 どういうことになるでしょうか。

 でも、季節が春ですから、寂しがってばかりいるわけにはゆきません…。春らしい絵を描かないと、最近の絵は「寒すぎる」と言っている方もいますから…(^^ゞ。

のび太 #- | URL
2006/03/09 11:09 | edit

>manekiinuさん はじめまして!
 三毛猫さんのところで、manekiinuさんのブログを知りました。とてもほのぼのとした漫画ですね。毎日のように描かれているようですから、ネタ探しがさぞ大変なんだろうと思ってしまいます。
 私の絵など、ただ描くだけですから頭なんか使っていませんし…。
#ついでにリンスも使っていませんし…(^^ゞ。
 これからも楽しみにしています。

 ところで愛犬1号ですが、アレックスも心臓が悪いと昔から言われていました。似たような体質なのかもしれませんね。
 ところでリンパ種は、医者に行くたびにそのあたりを触ってチェックしているようですから、最近の犬の病気の中でも多いのかもしれませんね。ちょっと気になっています。

のび太 #- | URL
2006/03/09 11:11 | edit

犬との共同生活

飼っていた生き物との別れはつらいですよね。
とくに犬は、狼の集団生活の習性があるのでしょうか、仲間をとても大切にします。
ネコとちがって、仲間の元で息をひきとるんですね。
むかし大型犬を亡くした時のことを思い出しました。そのとき充分可愛がってあげたんだろうか、と考えてしまいました。
絵のコメントでなくごめんなさい。ではまた。

弥太夫 #yG4XIAIw | URL
2006/03/09 21:42 | edit

>弥太夫さん
 動物を飼うと言うことは、大抵の場合、その最後を看取ることになりますが、その場合、どういう死を選択するのが良いのか(その選択は買い主の責任でもあると思うのですが)、なかなか悩ましいものですね。
 でも一方では、一つの責任から逃れ、ホッとしていることも事実です。

 人間なんて勝手なものですね。

のび太 #- | URL
2006/03/09 22:06 | edit

看取れたことがせめてもの‥

具合が悪いと聞いてましたが、そうですか、寂しくなりますね。

24年前に他界した私の実父は、私が18歳で東京へ就職し、はじめての帰郷だった8月13日の早朝亡くなりました。そのとき私が乗った車はまだ高速道路。最期を看取れなかった想いは、今尚完全には消えていません。

犬も家族と一緒。最期を看取れたのがせめてもの・・・。
ご冥福をお祈りします。

草履職人 #oVn5UUTg | URL
2006/03/10 18:43 | edit

>草履職人さん ありがとうございます。
 そうですね。そういう意味では思い残すこともありません。
 彼にとっても十分生きられたのではないだろうか?という思いも持てますから、良い最後であったと思えるのは幸せです。

のび太 #- | URL
2006/03/10 19:52 | edit

かける言葉は少ないですが
描きとどめてあげると、とてもよいと思います。

のほほん父さん #- | URL
2006/03/10 22:07 | edit

>のほほん父さん ありがとうございます。
 そうですね。
 以前の絵は、今見たら全く物足りないものなので、もう少し落ち着いたら書いてみようと思っています。

のび太 #- | URL
2006/03/10 22:10 | edit

今晩は、初めまして。
「ブログ仲間展」に参加させて頂いている、usakoです。
初めてお邪魔しました。

アレックス君は、のびたさんに看取られながら
虹の橋を渡り、天国へ旅立ったのですね・・・・
心からあれっくす君のご冥福をお祈りします。
そして、のびたさんが笑いながら
あれっくす君の絵を描ける日が訪れますように。

私が犬のデッサンを始めたきっかけは、友人のペットロスでした。

usako #- | URL
2006/03/11 21:42 | edit

>usakoさん はじめまして!
 ご訪問ありがとうございます。そしてアレックスのこともありがとうございます。
#最初がこんな場面で申し訳ありません。
 本日、家族皆でお葬式を済ませてきました。我が家ではペットロスの心配はなさそうですから、寂しくなりましたが、すぐに元の生活に戻れると思います。
 今、次の絵を描いていますので、明日にはアップできると思います。

のび太 #- | URL
2006/03/11 21:57 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://3291ahiru.blog1.fc2.com/tb.php/244-8dc8de96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ