FC2ブログ

 … 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」生活の日常を綴ったブログ日記です。
 絵を描き始めた頃の絵は「絵画ギャラリー」に、そして最近(2007年~)の絵は「Facebook」に展示しています。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。
 木曜日教室、金曜日教室を便宜的に分けてありますが、当面は相互に参加自由としています。

 休止していた教室活動は6月から再開しています。
 新たに「通信講座(四季彩の会掲示板)」を始めました。その概要はこちらです。

◆木曜教室
 09月17日(木) 大船フラワーセンター(7月からの日程)
■金曜教室
 09月18日(金)多目的S中10:00~(各自) (7月からの日程)

▼遊彩会(火曜日)  まだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。8月4日から再開しています。

 

F教室:多目的S中10:00~(各自)  

 大型台風襲来ということで、いつものようにTVでは大騒ぎです。台風襲来の現地にはお気の毒に思いますが、そうでない地域まで大騒ぎすることはないでしょう。冷静に対応していけばいいだけです。

 ということで、今日は少し風が強いか…という程度の中、いつものように教室は順調に進みました。
 
 今日は各自で用意した風景を描くという日。私の方は、皆の絵にアドバイスしたり、希望に応じて補筆したりということなので、特に画像はありません。

 水彩画法として、本日、特に注意したのは…。
◆水をたっぷり使いながら複数の色を混ぜ合わせならが下地を描く場面
◆ドライブラシを使いながらエッジをボカシながら描く場面 などの描き分けを意識することが効果的。
◆色面のエッジをどう描くかを意識すること。
◆あちこちと異なる色で異なる場所を描くのではなく、筆にとった絵の具を使える場所を見つけながら色調を中心として一定の範囲をまとめて描くこと。
◆個々の色に気をつけるだけでなく、画面全体の統一感・調和を得るため、それぞれの色の配色重ね合わせを意識すること。
◆(特に紅葉の風景、水の風景など)は描く範囲を限定して描くのではなく、レイヤー的見方、描き方が有効であること。
◆遠景~近景までの色調、絵の具の使い方、描き方の違いを意識すること。

 などでしょうか?

 教室にいた人達、いつも教室で言われている人には理解できますでしょうか?
#教室ではいつも言っていることですが、これから、時には「水彩画法」として、こんな記事も書いていきましょうかね。
#こうした言葉を描きためていけば、いつかは私の画法もまとめられるかもしれません…なんてね(笑)。

category:  ┗ 教室19年

tb: --   cm: 1

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2019/08/16 19:26 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ