fc2ブログ

 … 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」生活の日常を綴ったブログ日記です。
 絵を描き始めた頃の絵は「絵画ギャラリー」に、そして最近(2007年~)の絵は「Facebook」に展示しています。

 「水彩画教室(四季彩の会)」の詳細はこちら。(室内教室は戸塚駅周辺、戸外スケッチは横浜全域から周辺地域)
 ●5月の室内教室は以下のとおりです。見学の方はこちらへどうぞ。 
 ・5月02日(木)多目的S中12:45〜17:00(各自)
 ・5月17日(金)多目的S中12:45〜17:00(共通)
 ・5月23日(木)多目的S中10:00〜14:45(各自)
 ・5月31日(金)多目的S中10:00〜14:45(共通)
 ●(2024年04〜06月)の会員向け日程はこちら。(パスワードが必要) 
 ●近づきましたのでお知らせします。<平澤薫+「四季彩の会」有志水彩画展>のご案内 。 

遊彩会:それぞれの絵を描く/和田倉門のススキ群落:F6  

 先週の遊彩会は、和田倉門に集合し現地で絵を描くということだったのですが、生憎、私は本当に久々の風邪で欠席となってしまいました。

 本日は、会の主要な推進役3人が欠席ということもあって、それぞれ自分描きたい絵を描くというものでした。
 ところがどうも皆さんの始まりが遅い感じ。気が緩んでしまっているのでしょうか?(笑)

 そこで、私が先週の和田倉門の写真を借用して、簡単なデモをすることにしました。 素材の写真はこちらです。

 191119 191119

 そして短時間ですが、私がデモで描いた絵がこちら。
#こういう画風で描く方も何人かいらっしゃいますね。
 ポイントは、以下のようなことでしょうか?
①風景を魅力的に見せている光と陰を表現すること
②そのために、形にとらわれるより、光と陰の印象を捉え、素早い筆のタッチで描くこと。
 特に皆さん、この日のススキに強い印象を受けたもののそれを表現しきれない様子でしたので、一例として、こんな表現の仕方もあります…というようなことだったでしょうか。
#この絵はこれで終了です。

 191119

 これはこれで終了と思っていましたが、忘年会の景品の追加の一つとして、これに手を加えて提供させていただきました。
 残念ながらその画像はありません。

category:  ┗ 教室19年

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ