FC2ブログ

 … 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」生活の日常を綴ったブログ日記です。
 絵を描き始めた頃の絵は「絵画ギャラリー」に、そして最近(2007年~)の絵は「Facebook」に展示しています。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。
 木曜日教室、金曜日教室を便宜的に分けてありますが、当面は相互に参加自由としています。

 休止していた教室活動は6月から再開しています。
 新たに「通信講座(四季彩の会掲示板)」を始めました。その概要はこちらです。

◆木曜教室
 09月17日(木) 大船フラワーセンター(7月からの日程)
■金曜教室
 09月18日(金)多目的S中10:00~(各自) (7月からの日程)

▼遊彩会(火曜日)  まだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。8月4日から再開しています。

 

F教室:多目的S中(共通)/庭先の梅:F6(みその公園)  

 200117misono

 本日の教室は、皆で同じ風景を描いてみようというもの。言わば、皆で同じ絵を描きながら水彩画の描き方、表現の仕方を勉強してみようという時間です。
 その課題モチーフは、ちょっと難しいから…ということでお預けになっていたこちらの風景。みその公園の一隅です。
 季節も丁度良い時期だったので敢えて選んで見ました。

 200117

 すると意外なことに、この風景が気になっていた人が多かったようで、この風景だから参加したという人が何人かいました。そして、久し振りに大阪から参加した人も加わって、展覧会中にも拘わらず結構な人数になりました。

 いつものように、私のおしゃべりと共に絵を描き進めて行きます。

【第一ステップ】
 いつものように、大ざっぱなデッサンの元にベースになる色を載せていきます。
 この段階で重要なのはどこを白残しすべきかを意識するということです。そして、着彩する部分を一気に描くのではなく、色を載せながら徐々にデッサンを明確にし、明暗を作って行くと言うことでしょう。

 200117

【第二ステップ】
 次の段階では、徐々にそれぞれの部分に適切な色を重ねて行くことにより、表情を作って行くと言うことだと考えています。
 その際、一度筆に取った色は、その色をつかえる部分を見つけ色を置いて行けば、手数も少なく、筆洗の水も汚さずに描くことができます。

 200117

【第三ステップ】
 私の水彩画法のステップを大まかに言えば、このステップは仕上げの段階です。もちろん教室では時間も不十分ですので、これで完成というわけにはいきませんが…。
 ここでは、第二ステップであまり使っていない青系統の色を中心に描いています。簡単に言えば、どの部分も3回色を重ねれば仕上げの表現ができるものです。
 梅も塗り残しだけでは梅らしい表現ができません。部分的に「白」を補って、梅らしい丸みを感じる花を散らしていくことになります。

 200117

 本日の経過画像は全てカメラで撮影したものですので、少し暗くなっています。
 完成した絵は、後日紹介させていただきます。

 本日の絵は難しかったというのが参加した皆さんの大方の感想のようでした。
 そう言えば、いつもは途中からおしゃべりが多くなるのに、今日はずっと静かなままでした(笑)。

 最後には、ご覧いただくようになかなかの絵が並びました。

 200117

*     *     *     *     *

 そして、19日、絵に最終的な手を入れました。
 その後、2月2日に更に手をいれてしまいました。だからといって格段に良くなったわけでもないのですが…。

category:  ┗ 教室20年

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ