FC2ブログ

 … 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」生活の日常を綴ったブログ日記です。
 絵を描き始めた頃の絵は「絵画ギャラリー」に、そして最近(2007年~)の絵は「Facebook」に展示しています。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。
 木曜日教室、金曜日教室を便宜的に分けてありますが、当面は相互に参加自由としています。

 休止していた教室活動は6月から再開しています。
 新たに「通信講座(四季彩の会掲示板)」を始めました。その概要はこちらです。

◆木曜教室
 台風のため明日は延期。10月01日(木) 真鶴漁港(7月からの日程)
■金曜教室
 09月25日(金)都筑民家園(大塚・歳勝土遺跡公園) (7月からの日程)

▼遊彩会(火曜日)  まだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。8月4日から再開しています。

 

水辺の春:F6(舞岡公園)  

 水辺の春:F6(舞岡公園)

 コロナ騒ぎの中、自粛要請ですから、いくらでも絵を描くことができそうなのですが気持ちの方はなかなかそうも行きません。

 なんて、いつまでも甘えているわけには行きません(笑)。
 今日は頑張って描いてみました。
 いつもの舞岡公園の風景です。

 200413



 こんな風景ですから下書きなしで始めました。ただ、マスキングしないで描くにはちょっとややこしいかもしれません。
 手順を見ていただければ、下書きなしでも行けるだろうということがわかってもらえると思います。

◆第1ステップ

 おおざっぱにベースになる色を置いて行きます。
 これが、言ってみれば下書き(それも<あたりをつけた段階>くらいでしょうか)のようなものです。

 200413

◆第2ステップ

 それをもとに最初の影を入れてみました。
 おおまかな下書きができました。日が当たっているところは白く残していることに気づいて下さい。
 こうやってみていくと、鉛筆の下書きが無くても描けそうな気がしてきませんか?

 200413

◆第3ステップ

 さらに暗い色を置いて行きます。大まかが形ができてきました。
 絵に立体感が出て来たのに気づきませんか?
 これに全体のバランスを考慮しながら、自分が目指す絵づくりをしていくことになります。

 200413

category: ┗ 風景20年

tb: --   cm: 1

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2020/04/13 21:37 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ