FC2ブログ

 … 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」生活の日常を綴ったブログ日記です。
 絵を描き始めた頃の絵は「絵画ギャラリー」に、そして最近(2007年~)の絵は「Facebook」に展示しています。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。
 木曜日教室、金曜日教室を便宜的に分けてありますが、当面は相互に参加自由としています。

 新たに「通信講座(四季彩の会掲示板)」を始めました。その概要はこちらです。

◆木曜教室
 04月22日(木)公会堂1号13:00~(共通:清水寺)(04月からの日程)
■金曜教室
 04月23日(金)山手234番館周辺(04月からの日程)

▼遊彩会(火曜日)  まだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

 

T教室:イタリア山庭園/日を背に受ける洋館:F6(外交官の家)  

日を背に受ける洋館:F6

 本日の場所はイタリア山庭園。
 本日も快晴。このところ良い天気が続いてくれて嬉しいです。

 外交官の家に向かう途中、この風景の後、富士山を望むこともできました。

201105

 ここでは、ブラフ18番館も何回も描いていますが、今日私は外交官の家を描くことになりそうです。

201105 201105

201105

 自分が描きたい構図を探して一巡りした後、結局最初の場所で描くことにしました。
 やはり、今まで描いたことのない構図で描いてみたくなります。

201105 201105

201105 201105


 さて、いつものように私の水彩画法を、手順を追ってご説明しましょう。

◆第一ステップ

 まずはアタリ程度の簡単な下絵ができたら、基本的なベース色を置いていきます。
 色を置きながらデッサンの確認をしていることにもなります。

 明るい色から置いていくことは基本ですが、壁面は影色になることを留意しながら置いていきます。
 描いている時間帯は光がないので、光を自分で置きながら描いていきます。その方が最終的な絵が面白くなるからです。

201105


◆第二ステップ

 壁面と窓内に大まかな色を置いた段階(左)とそれに窓枠を加えた段階(右)を並べています。
#左は現地での撮影、右は帰宅後室内での撮影なので、ホワイトバランスがずれています。
 窓枠が入るだけで印象がガラッと変わるのがわかると思います。そのためには窓内の表現を先にしておいたほうが効果的です。
 まだ、全体的に色は浅いですが、これに仕上げの色を加えて完成とします。
 一部、デッサンが気になるところを見つけたので、その部分も仕上げに向けては修正します。

201105 201105

 11月11日、一応仕上げとしました。

 併せて、真鶴漁港の絵も改めて新しく描いたものをアップしています

category:  ┗ 教室20年

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ