fc2ブログ

 … 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」生活の日常を綴ったブログ日記です。
 絵を描き始めた頃の絵は「絵画ギャラリー」に、そして最近(2007年~)の絵は「Facebook」に展示しています。

 「水彩画教室(四季彩の会)」の詳細はこちら。(室内教室は戸塚駅周辺、戸外スケッチは横浜全域から周辺地域)
 ・(2024年01〜03月)の日程はこちら。(パスワードが必要) 

F教室:多目的S中(共通:水田の風景)/水田と農家:F6  

水田と農家:F6

 本日は皆で同じ風景を描きながら、水彩画の描き方を学ぼうというものです。
 画題は、電車の中から拾ったこの風景です。

210702

 この、皆で同じ絵を描くという時間ですが、まず私が最初にデモをして皆さんに描いてもらいます。

 そして、皆さんの進み具合を見ながら第二ステップのデモをして、皆さんに描いてもらいます。
 この段階になると、皆さんの進み方、描き方にいろいろな違いが見えてきます。同じ絵を描いてもそれぞれの個性が見えてくるのです。
 この課題も結構難しかったようで、皆さんなかなか悩みながら描いていたようだったのですが、最後の講評段階になると、いつも驚くような力作が並びます。なかなか皆さん大したものです。
 それが下の写真。出し遅れた人がいて、この後さらにもう一枚の絵も追加されたのですが…。

210702

 それではいつものように私の描き方(水彩画法)を紹介しましょう。

◆第一ステップ

 鉛筆の下絵は大まかなアタリ程度にしか描きませんので、大まかなデッサンと、ベースになる色調を作るために全体に色を置いていきます。今回は、上半分はモノクロのグリザイユで描いています。
#透明水彩ですから、基本的には重ねる色はどちらが先行しても結果は同じです。
 デモで、時間が限られていますので、置いている色は単調ですが、時間があればこの段階で滲みによる変化ある色調を作っていきたいものです。

210702

◆第二ステップ

 上半分にも色が入って全体のイメージが出来上がりました。
 この風景では、私は暗いところを思い切って暗い色を置くことにしました。

#なお、水田の畝の角度がちょっと間違ってしまったので、次のステップで訂正しています。

210702

◆第三ステップ

 いつもはこの段階の絵もデモで見ていただくのですが、本日は皆さんが絵を描いている間にここまで描いてみました。
 左側の畝の角度もここで訂正しています。

210702

 もちろんこれもまだ完成ではありません。

*     *     *     *     *


 このところ、不順な天候の影響か、2回めのワクチン接種を控えているためか、コロナ感染拡大の影響か、こんな中でもオリンピックを強行しようとしている政府のせいなのか…何となく調子が出ないので、なかなか絵が完成しません。
 もうしばらくお待ち下さい。

 7月3日、手を加えて完成とします。(冒頭の絵)

category:  ┗ 教室21年

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ