fc2ブログ

 … 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」生活の日常を綴ったブログ日記です。
 絵を描き始めた頃の絵は「絵画ギャラリー」に、そして最近(2007年~)の絵は「Facebook」に展示しています。

 「水彩画教室(四季彩の会)」の詳細はこちら。(室内教室は戸塚駅周辺、戸外スケッチは横浜全域から周辺地域)
 ●5月の室内教室は以下のとおりです。見学の方はこちらへどうぞ。 
 ・5月02日(木)多目的S中12:45〜17:00(各自)
 ・5月17日(金)多目的S中12:45〜17:00(共通)
 ・5月23日(木)多目的S中10:00〜14:45(各自)
 ・5月31日(金)多目的S中10:00〜14:45(共通)
 ●(2024年04〜06月)の会員向け日程はこちら。(パスワードが必要) 
 ●近づきましたのでお知らせします。<平澤薫+「四季彩の会」有志水彩画展>のご案内 。 

T教室:横浜ベイサイドマリーナ/デッキ前の舟:F6  

デッキ前の舟:F6

 本日は横浜ベイサイドマリーナに来ました。
 本当は、昨日の予定だったのですが、天気予報がイマイチだったので本日に順延したものです。
 おかげで天気は快晴。確かに暑かったのですが気持ちよく描くことができました。

 鳥浜駅から歩く途中、気になる風景を撮影していきます。
 そして、絵を描くポイントを探ります。

210716 210716

210716 210716

210716 210716

210716 210716

 いつも似たようなところばかりを描くことになるのですが、今日はここを描くことに決めました。

210716

 横には、昨年グランドオープンされた新装なったアウトレット施設があります。
 今日の弁当はそこで調達。550円でした。量的には少な目ですが、美味しかったし昼食はこんな程度で十分かもしれません。
 私達が描いている横にはこんな花が咲いていました。ハマボウ(花朴)のようです。

210716

210716 210716


 さて、いつものように私の水彩画法の紹介です。

◆第一ステップ

 まず簡単に当たりをつける程度の下絵を描いた後、基本となる色を置いていきます。
 これだけで大まかな光の感じは描けるものです。
 日が当たっている箇所にはあまり強い色を置かないこと、影の部分の色は実際の光を見ながら暗めに置く(最終的にはよほど暗い色を置いたつもりでも、絵の具が乾くと物足りなくなることがほとんどです)ということというのがコツでしょうか。

210716

◆第二ステップ

 さらに、より強い色、暗い色を重ねていきます。
 全体としては、どの部分も3回位色を重ねて仕上げていくのが私の方法ですが、これで2回程度でしょうか?
 色調の調整が必要なところなど不十分な点は残っていますが、これで2時間位でしょうか。

 絵を描いている途中、この間に新しい舟が停泊して水面の映りが確認できなかったので、帰る頃、空は曇ってしまっていたのですが、一応念の為に撮影して帰りました。

210716 210716

 帰りは、皆さんで冷たいものを飲んで帰りました。
 天気もよく、気持ちよく描くことができたと思います。
 無理すれば昨日でも描けたとは思いますが、今日ほどの日差しは得られなかったんでしょう。もちろん、天気予報を見ながらですが、日程の変更は本当に難しいものです。

 7月31日、ようやく仕上げることができました。

category:  ┗ 教室21年

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ