fc2ブログ

 … 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」生活の日常を綴ったブログ日記です。
 絵を描き始めた頃の絵は「絵画ギャラリー」に、そして最近(2007年~)の絵は「Facebook」に展示しています。

 「水彩画教室(四季彩の会)」の詳細はこちら。(室内教室は戸塚駅周辺、戸外スケッチは横浜全域から周辺地域)
 ●5月の室内教室は以下のとおりです。見学の方はこちらへどうぞ。 
 ・5月02日(木)多目的S中12:45〜17:00(各自)
 ・5月17日(金)多目的S中12:45〜17:00(共通)
 ・5月23日(木)多目的S中10:00〜14:45(各自)
 ・5月31日(金)多目的S中10:00〜14:45(共通)
 ●(2024年04〜06月)の会員向け日程はこちら。(パスワードが必要) 
 ●近づきましたのでお知らせします。<平澤薫+「四季彩の会」有志水彩画展>のご案内 。 

F教室:多目的S中(共通)/村外れの家:F6(アルベロベッロ)  

村外れの家:F6(アルベロベッロ)

 本日の教室は皆で同じ風景を描いてみようというものです。
 選んだ画題は南イタリアのアルベロベッロ。ちょっと童話の世界のような不思議な風景です。

210827

 今日は、私のデモを見ていただきながら、皆さんにも段階的に絵を進めていただくことで水彩画の描き方、注意すべき点を理解していただこうとするものです。

◆第一ステップ 

 今日はいつもとちょっとだけですが、変わった進め方をすることになるかもしれないと思いながら…です。
 まず、空を塗りながら、影の部分も一緒に色を置いていきます。
 グリザイユでもあり、殆ど描いていない下描きの補助のような意味もあります。

210827

 そして、それに明るい面の色を置いていきます。
 壁面にも色を置くことにより、壁面は<影色+壁面の基本色>となり、建物の立体感が表現することができます。

210827

◆第二ステップ 

 緑系の色を置くことにより、ほぼ全体的なイメージを描くことができています。

210827

◆第三ステップ 

 陰影の調整をすることで完成イメージに近い表現ができます。

210827

 これを完成させるにはもう少し手を入れる必要がありますが、今回は自分でもちょっと不本意な点が多かったようです。

 皆さんも、慣れない風景画でちょっと苦戦していたような印象でしたが、最後に皆さんの絵を並べてみればこのとおりです。
 皆さんの絵も立派なものだと思いますがいかがでしょうか?

210827

category:  ┗ 教室21年

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ