fc2ブログ

 … 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」生活の日常を綴ったブログ日記です。
 絵を描き始めた頃の絵は「絵画ギャラリー」に、そして最近(2007年~)の絵は「Facebook」に展示しています。

 「水彩画教室(四季彩の会)」の詳細はこちら。(室内教室は戸塚駅周辺、戸外スケッチは横浜全域から周辺地域)
 ●2月末〜3月までの室内教室は以下のとおりです。見学の方はこちらへどうぞ。 
  ・2月28日(水)(戸塚区民センター)多目的S中12:45〜17:00(共通:春風萬里荘)
  ・3月04日(月)多目的S中10:00〜14:45(各自)
  ・3月07日(木)多目的S中12:45〜17:00(茨城農家)
  ・3月18日(月)多目的S中10:00〜14:45(各自)
  ・3月26日(火)多目的S中12:45〜17:00(安曇野穂高神社)
 ●(2024年01〜03月)の会員向け日程はこちら。(パスワードが必要) 

「新しい絵の具」と「お試しの水彩紙」  

 JWS展開催中に、新しい絵の具や水彩紙についての動きがありましたので、ご紹介しておきましょう。

 最近、いくつかの絵の具メーカーから<異なる色の顔料が絶妙に分離するよう調合された、グラニュレーションカラーの透明水彩絵具>が発売され、話題になっています。
 日本の絵の具メーカーでは<クサカベのハルモニア>というのがそれになります。
 私は、とりあえず次の3色を購入してみました。これから試してみたいと思っているところです。

220413kusakabe01 220413kusakabe02

 しかし、調べてみると他の絵の具がそうではないというわけではありませんでした。
 私が主として使っている絵の具<ホルベイン>からは以下のような情報が公開されていました(笠井一男氏のFBから情報をいただきました)。

 よく見ると、私が良く使っている「93ウルトラマリンライト」「134バーントシェンナ」はいずれもグラニュエーションカラーとなっています。つまり分離の性質の強い絵の具だったというわけです。
 色の使い方を再考する必要があるかもしれませんね。

210413 210413 210413

*     *     *     *     *


 JWS展が始まる少し前に、以下の会社から「水彩画用和紙 モニターサンプルプレゼントのご案内」を頂いていました。

Awagami Factory アワガミファクトリーhttp://www.awagami.or.jp/

徳島本社:
779−3401徳島県吉野川市山川町川東136番地
TEL.0883-42-2772 FAX.0883-42-6085



 私自身、和紙の使用にも関心がありましたのでご提案を受けさせていただき、以下の水彩紙(F4)の提供をいただきました。
 これも近日中に試してみたいと思っています。

・「白鳳サンプラー」A4サイズ3枚入りパック
・「竹和紙水彩画用サンプラー」A4サイズ2枚入りパック
を上限10パックまで、無料サンプルとしてお送りさせていただきます。

■「白鳳(はくほう)」は、楮とコットンを原料とし、伝統的な和紙製造の技法で抄紙された水彩画用紙です。
細目で表面は微かにコールドプレスになっており、にじみどめを効かせた紙です。
「白鳳サンプラー」オンラインサイト商品ページ↓
https://awagami.jp/collections/watercolor/products/8990082

■「竹和紙水彩画用」は、環境に優しい竹を原料にしております。絵具の吸収の良さと表面の表情を重視した
水彩画専用の和紙です。スムーズな表面によるなめらかな筆触りをお楽しみ頂けます。
「竹和紙サンプラー水彩用」オンラインサイト商品ページ↓
https://awagami.jp/collections/watercolor/products/8990189

教室のレッスンでの活用を是非ご検討ください。
ご使用いただいた後、生徒の皆様に簡単なアンケートのご協力をお願いできればと存じます。
また、大変あつかましいご相談ではございますが、可能であれば作例画像等を弊社HPやSNSで使わせていた
だけないでしょうか。
もし平澤様のSNSでご紹介いただく機会がございましたらアワガミをタグ付けしていただけますと幸いです。

このような依頼で大変心苦しいのですが、作例使用にあたっての謝礼金の捻出が厳しい状況です。
製品の良さを感じていただき、教室で取りまとめてご購入いただける際には、割引をさせていただきます。


category: ┗画具

tb: --   cm: 9

コメント

やっぱ、分離するんじゃんw どうやって、分離させずに描いてらっしゃるのか、それが知りたい。

私の場合、乾く頃には、青と茶が、つぶつぶしながら完全に分かれてしまいます。渇きの遅い紙だからでしょうか。(渇きの遅い紙は、失敗しても拭き取ることができるので、重宝してるのですが)

ところで、普段、ドライヤー使ってますか? (絵に)


チムニー #H3kEyMOM | URL
2022/04/20 11:33 | edit

これを見ると分離するらしいですね(笑)。
多分、私の紙は吸い込みの良いウォーターフォードだからでしょう。それに水を多目に使うことはあまりないせいもあるかもしれません。
チムニーさんは、乾きの遅い紙というより吸い込みの悪い紙(例えばホワイトワトソン)を使っている上に、水が多いんじゃないでしょうか?だからドライヤーのことも気になるのかもしれませんね。

私は、家で描く場合には水が悪さをしそうな場合にはドライヤーで強引に乾かすこともありますが、基本外で描いていますからドライヤーは使わないで描いています。おまけに水張りもしないですから、時には水が絵を邪魔することもあります。
東寺の夜桜の絵なんかその傾向がありますね。

のび太 #ff.uBqoo | URL
2022/04/22 20:46 | edit

ドライヤー、持ってるんだ! うちには、ドライヤーがないのでねw 買おうかどうか迷ってましたが、やめた。その分、紙に投資することにします。

私は、ウォーターフォードでも、ウルトラマリン×バーントシェンナは、つぶつぶ分離します。ウォーターフォードで、水を少なめにすれば分離しないのね。今度、試してみます。

水張りしないんですね。スケッチブックタイプのものを使ってるんですか? 私は今、ブロックタイプを使ってるんですが、割高なので、スケッチブックにしようかな。

チムニー #H3kEyMOM | URL
2022/04/22 21:14 | edit

ドライヤーは、生涯で2つ目のものです。もちろん当初はヘアドライヤーでしたが、(もうその必要がなくなったので(笑))今は絵専用です。安物でも良いから一つ持っていると良いかもしれませんよ。

水彩紙は、ブロックタイプにしています。本当は水張りした方が良いとわかっているのですが、外へ持ち出すのにサイズが大きくなって扱いに不便なのでブロックです。それでもスケッチブックタイプよりマシだという程度です。

のび太 #ff.uBqoo | URL
2022/04/23 22:54 | edit

やっぱり、水張りしたほうがいいんですね。持ち歩きの便宜上、ブロックですか。私は、外用にスケブ、家用にブロック。一段ずつ、低きに流れてる、と反省。。。

紙のサイズにも、よるのでしょうね。大きい絵だと、水張り必須なんでしょうね。

画伯がそう言うんでしたら、ドライヤー入手、検討します。


チムニー #H3kEyMOM | URL
2022/04/24 08:53 | edit

絵具は、気温が高くなると、溶けるもんなんでしょうか。。。?

チムニー #H3kEyMOM | URL
2022/04/27 13:20 | edit

絵の具が暑さのために溶けるという経験はしたことがありません。
おそらく色の素材?より溶剤の影響のほうが大きいでしょうから、多分それは無いと思います。
ただ、絵を描こうとする際に色によって絵の具の溶けやすさに差があるということは感じます。例えばサップグリーンなどはかなり溶けやすいと感じます。

のび太 #ff.uBqoo | URL
2022/05/02 09:35 | edit

そう、サップと、茶系が、かなり柔らかく変形してるんです。

気温が上がったからかと思ったけれど、毎日使っているからかな。わーい。

チムニー #H3kEyMOM | URL
2022/05/02 22:46 | edit

みな同じ条件で使っている絵の具ですから、そう感じるということは絵の具の色による差だと思っています。

のび太 #ff.uBqoo | URL
2022/05/06 13:12 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ