fc2ブログ

 … 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」生活の日常を綴ったブログ日記です。
 絵を描き始めた頃の絵は「絵画ギャラリー」に、そして最近(2007年~)の絵は「Facebook」に展示しています。

 「水彩画教室(四季彩の会)」の詳細はこちら。(室内教室は戸塚駅周辺、戸外スケッチは横浜全域から周辺地域)
 ●2月末〜3月までの室内教室は以下のとおりです。見学の方はこちらへどうぞ。 
  ・2月28日(水)(戸塚区民センター)多目的S中12:45〜17:00(共通:春風萬里荘)
  ・3月04日(月)多目的S中10:00〜14:45(各自)
  ・3月07日(木)多目的S中12:45〜17:00(茨城農家)
  ・3月18日(月)多目的S中10:00〜14:45(各自)
  ・3月26日(火)多目的S中12:45〜17:00(安曇野穂高神社)
 ●(2024年01〜03月)の会員向け日程はこちら。(パスワードが必要) 

周辺の村々をドライブ  

村々周遊コース

 本日、田舎から戻りました。ちょっと疲れています(^_^)。

 今回の帰省、同年会(3日)出席が直接の目的ですが、実は、田舎の村々の土地勘を得るためにどこまで回れるかということも考えていました。

 4日は、村内を人家が無くなるところまで分け入ってみました。

 また5日には、周辺の村々を回ってみました。上の写真地図に示しているのが今回のルート(多分130kmほどでしょう。)です。また、地図ですと「ここに示している範囲」になります。
#本当はGPSがあれば、地図上に回遊ルートを示すこともできるのですが…。

 写真地図上で、大鹿村は次回以降の目的地です。また、南信濃村(今は飯田市)の下栗は「耕して天に至る」というキャッチフレーズを使っているほど、急斜面地で農耕を営んでいる地区です。そのうちに機会があれば行ってみたいところなのですが…。
#写真の中では旧村名表示になっていますが、飯田市になっている村もあります。

 今回の帰省は、なかなかの収穫があったような気がしています。


 なお、今回は、昔描いた弟の遺影「鉛筆画」も忘れずに持ち帰りました。

PS
 高校時代の仲間でつくるMLで友人が紹介してくれていたことがあります。
 感銘を受けた一文なので、勝手ながら補筆しつつ紹介させていただきます。

・「伊那谷の老子」 朝日文庫  加島 祥造 (著) 文庫 (2004/07/10) 朝日新聞社
・「タオ―老子」加島 祥造 (著) 単行本 (2000/03) 筑摩書房
などを著しておられる、英米文学者であり、詩人であり、画人でもあって、現在駒ヶ根で住まわれている加島祥造氏(実は東京下町生まれなのだそうですが…)は、信州大学で教えておられた頃、教え子と伊那谷を訪れてその明るい大きな谷に魅せられたと言います。
 「伊那谷の老子」から、その部分を少し引用してみると、

 老子41章「上徳若谷」の4字は私の訳では次のようになった。

 ”本当のパワーに満ちあふれたものは、からっぽの谷にみえる”

 ここで、老子のイメージした谷とは、たぶん木曾谷のようなV字の狭いものではなくて、伊那谷のように広くて大きいU字型の谷だろう。
        ・・・中略・・・
 梅雨があけて、雲霧の去った夏の日でさえ、この大谷はあっけらかんとしてつかみどころがない。しかし、このからっぽなおおきな空間は、かえってすさまじいエナジーを包蔵するのだ。

category: ●日記

tb: 0   cm: 4

コメント

信濃路も

こうしてみるとやはり山が多いですね。木曽路はすべて山の中である。島崎藤村の 「夜明け前」 の冒頭句を思い出しました。のび太さんのふるさとも思索に適した環境と言えるのではないでしょうか。ドイツ・ハイデルベルクにもネッカー川に沿って河岸段丘がありますがその何段目かに約2Kmの「哲学者の道」(Philosophenweg)がありヘーゲルをはじめ多くの哲学者が思索に耽った言われています。

はる #- | URL
2006/06/07 10:07 | edit

>はるさん いつもありがとうございます。
 身びいきですが、伊那谷について描かれている気に入った文章がありましたので、PSに追加しておきました。

 ハイデルベルクに行ったことがありますが、この「哲学者の道」って城の反対側にあるんですね。私の見た風景の中にその道があったんだと思うと、感慨深いものがあります。
#ネッカー川にも河岸段丘があったんですか、何も考えないで過ぎてしまいました(^^ゞ。

のび太 #- | URL
2006/06/07 10:56 | edit

哲学の道

哲学の道って京都にもあるのですが、京都だけじゃなかったんですね。勉強になりました。

のび太さんは弟さんを亡くしてらっしゃるんですね・・
それってうまく言えないけど「順番が違う」とか思われませんでしたか?
私は自分より年の若い人が逝くといつもそう思います。悲しみも年長者が逝くより深いように思います。

空っぽの方がすさまじいエネルギーがある・・
なるほどです。饒舌な方より寡黙な人のほうが存在感があるときって結構ありますし(話が飛びました)

三毛猫 #- | URL
2006/06/07 13:37 | edit

>三毛猫さん
 京都の哲学の道(私も通ったことありますが…)って、多分、ハイデルベルクの方が本家だと思いますよ(^_^)。

 弟の件は、当時、その理不尽さに、持って行き場のない怒りとか悲しみとかを感じていました。

 私ももっと寡黙になった方が良いでしょうか(^^ゞ。

のび太 #- | URL
2006/06/07 13:47 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://3291ahiru.blog1.fc2.com/tb.php/303-36cd902a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ