fc2ブログ

 … 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」生活の日常を綴ったブログ日記です。
 絵を描き始めた頃の絵は「絵画ギャラリー」に、そして最近(2007年~)の絵は「Facebook」に展示しています。

 「水彩画教室(四季彩の会)」の詳細はこちら。(室内教室は戸塚駅周辺、戸外スケッチは横浜全域から周辺地域)
 ●2月末〜3月までの室内教室は以下のとおりです。見学の方はこちらへどうぞ。 
  ・2月28日(水)(戸塚区民センター)多目的S中12:45〜17:00(共通:春風萬里荘)
  ・3月04日(月)多目的S中10:00〜14:45(各自)
  ・3月07日(木)多目的S中12:45〜17:00(茨城農家)
  ・3月18日(月)多目的S中10:00〜14:45(各自)
  ・3月26日(火)多目的S中12:45〜17:00(安曇野穂高神社)
 ●(2024年01〜03月)の会員向け日程はこちら。(パスワードが必要) 

多目的S中(共通)/鹿島槍ヶ岳遠望:F6  

230918azumino_f6y_サイズ変更

 本日は(共通)の日。
 最近、山の風景を描く人が散見されるようになったので、私なりの山の描き方を知っていただこうとこの画題を選んでみました。安曇野池田美術館からの鹿島槍ヶ岳の風景です。

RIMG2205p_サイズ変更

 特に、皆さんが手こずったように思えるのは、雪を冠った北アルプスの手前の山のようです。つまりこの山の色調が全体との調和が保たれていない…そんな印象になったようです。

 ともかく、皆さんの力作となる予定(笑)の絵が並びました。今日は久しぶりの教室だったせいか大勢の参加でした。

DSC00849_DSC00852_サイズ変更


 さて、いつものように私の水彩画法を紹介します。

 この風景、以前にも描いたことはあったのですが、近景をどう描くか…と言ったリクエストもあったので、今回は、敢えて近景の風景を加えてみました。

◆第一ステップ

 いつものように下図を兼ねて、最初の色をおいていきます。
 大切なのはどこに白を残したら良いか…ということになるでしょう。山には影の部分にも敢えて色を置いて山の凹凸を感じられるように…というつもりで色を置いています。影色はもう少し濃くても良かったようですね。

DSC00846_サイズ変更

◆第二ステップ

 遠景の山の表情を描いていきます。
 私が意識しているのは、山のヒダを描くように筆を動かすということです。筆はどんな場合も常に描く対象の面に沿って動かすことで凹凸感を表すことができるからです。

DSC00847_サイズ変更

◆第三ステップ

 皆さんと一緒に、時間内の仕上げを急いだ結果がここまでです。
 もちろん、もう少し手を入れないと完成にはなりませんが…。

DSC00853_サイズ変更

 10月12日、この絵を完成しました。(冒頭の画像です。)

category:  ┗ 教室23年

tb: --   cm: --

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ