… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は10月19日(木)荒崎海岸(荒崎公園)」です。(10月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ少し余裕があります。)
「次回は0月20日(金)小島新田(運河)」です。(10月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

ハンディGPSが届いた  

ハンディGPS 田舎でのドライブ、今回はなかなか収穫が多かったと思っています。こんな風に意識的に田舎を回ったことは今までになかったのですが、もっと早く試みていれば…とちょっと悔やまれます。
 しかし、そのルートを後で地図で確認しようと思ったのですが、もう詳細が思い出せなくなっています。それに、カーナビの地図とPCの地図表現が全く違うためにカーナビのルートを地図で確認することすら怪しいのです。情けないことに、デジカメの写真も一部はどこで撮影したものかも判らなくなっています。特に田舎道は似たような風景も多いし、突然地図にない農道があったりするのですから…。
#しかし、デジカメの写真には、撮影日時が登録されているので、時間と場所が地図上に特定できれば、そこが撮影地点ということになる筈なのですが…。


 そんなことを考えながら「カシミール」の本を見ているうちに、ハンディGPSが欲しくなってしまっていました。これがあれば、自分の軌跡をPCの地図に表示することができるのです。
#特に、1/50,000(or1/25,000)の地形図上に表示できるのは楽しい。それに、カシミールを使えば、3次元地図上に軌跡を表現することも可能なのです。
#まだ確認が取れていませんが、GoogleEathの空中写真にも表示できるらしい。もっとも、私のPCは古いからGoogleEarthの空中写真(使えるのはWindowsXP以上)は使えないのですが…。

 GoogleEathとの連携は、厳密に言えば、これで使用する「日本版マップソース用基本ソフトウェア Ver.6.10.2」のバージョンアップによるものなのですが…。私には、まだ良くわかりません。
・トラック(軌跡)編集が可能になりました。
・Google Earthとの連携が可能になりました。
・道の表現などの地図描画方法が変わりました(国道や有料道路で黒い縁取りが追加)
・山名などのPOI表示スケールを変更しました。


 カシミールは、本当に驚くような機能満載のソフトですが、中でも、デジカメのお好きな方は、こんな機能は欲しかったりするんじゃないでしょうか?

 実は、そんなわけで早速発注し、一昨日には到着していたのでした(^^ゞ。

 購入したのは、上の「写真の製品」。「いいよねっと」のオンラインショップからです。これがあればナビゲーションもできるし、軌跡をたどって戻ることも可能。機能的には申し分ありません。
 私の日常からすれば、本来は、古くなってしまったPCや物足りなさの残るカメラの買い換えの方が先行すべきだとも思うのですが、それぞれ何とか動いているので、ついこちらに手が出てしまったというわけです(^^ゞ。

 これからも、少なくとも絵を描いている間は、何かと使うことになるだろうし、海外でも使えそうだから、あればそれなりに便利だし、というのがその理由ですが…。
#これが絵の道具にはならないでしょうが、やっぱり私は「お道具マン」なんですねぇ。
#おかげで、PCやカメラが随分遠のきました(^^ゞ。

category: ┗画具

tb: 0   cm: 4

コメント

便利なものが

あるんですねぇ。
「海外でも使えそう」ということは、GoogleEarthと連動しているからということでしょうか。まさか全世界の地図情報を内蔵しているわけではないでしょうから。でもこういう文明の利器があるといろいろ他にも活用できそうですね。たとえば旅行記を書くにもより正確な記述が可能になったり。

はる #- | URL
2006/06/13 10:49 | edit

>はるさん
 GoogleEarthとはどのように関係しているのか、まだ不明です。そんな記述を読んだくらいですから、このブログからもはずした方が良いのかもしれませんが…。
 世界の地図情報というのは、CDやDVDで提供されている地図をPC上で操作し、必要な部分をこれに転送する形で使います。ですから、長期間旅行したりする場合には、PCとセットで考えないといけないでしょうね。

のび太 #- | URL
2006/06/13 13:40 | edit

ウラヤマシー

最近、鳥見に加えてハイキングがしたくてたまらないので、GPSイイナーと指をくわえてみてました。

いいなあ。欲しいなあ。使い心地のアップよろしくお願いします。

のほほん父さん #- | URL
2006/06/13 21:48 | edit

>のほほん父さん
 主としてカラーorモノクロ、電子コンパス・高度計の有無等で選択肢が変わりますが、英語表示で良しとすれば、格段に価格が落とせるようですね。
#GPSそのものの地図は大したものではないので、割り切りができれば…ですが。
#ただ、使える地図がどのようなものか注意が必要です。
 使い勝手やその結果の詳細については、むしろ直接お知らせした方が良いでしょう(^_^)。
 現在、軌跡をカシミールの1/50,000の地形図に表示できるところまでは確認しました。なかなか楽しいですよ。

のび太 #- | URL
2006/06/13 23:32 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://3291ahiru.blog1.fc2.com/tb.php/309-950c0472
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ