… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は10月31日(火)荒崎海岸(荒崎公園)」です。(10月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ少し余裕があります。)
「次回は10月20日(金)小島新田(運河)」です。(10月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

田舎の風景・尾根の一軒家:ウォーターフォードW  

田舎の風景・尾根の一軒家

 まだ田舎、私の生まれ育った村内です。

 奥へ奥へと入っていくと、どうしてこんなところに住もうと考えたんだろうと思うような家に出会うことがあります。この家もそんな家でした。
 周囲に見えるのは緑の山々のみです。あなたがもしここに住むとしたら、どんな気分でしょうか?



 たまには気分を変えて、気楽な水彩で描いてみるつもりでした。
 しかし結局は、手前にちょっとパステルを加えてしまいました。
#どうせならもっと遊んでみても良かったなぁ。
#気分は、パステルでグチャグチャにしてしまいたいといったところか。


 最近、パステルをよく使いますが、これは私にはなかなか便利な画材なのです。あまり便利すぎてこれにばかり頼っていてはいけないというような気にさせられます。
 まだ、使い方が中途半端なのかもしれませんね。

 それにしてもこの紙は、こんなだったかなぁ。ちょっと意外。



田舎の風景・尾根の一軒家(+P)

 この紙、私の印象では決してパステル向きとは思えない。
 しかし先の絵、試しに描いてみたが、下手なせいもあったがどうも私のイメージではない。
 そんなわけで、パステルを全面的に加えてみた。

 何となくこちらの方が私のイメージに近い。

category: ┗ 風景06年

tb: 0   cm: 4

コメント

景色の奥行感

遠近感のよく出ている絵ですね。
山奥の閑静な空気も感じられて素敵です。
でも、こう言うところに住むかとなるとちょっと引いてしまいますが・・・。(笑)

はる #- | URL
2006/06/23 10:10 | edit

>はるさん
 今までとはちょっと違う雰囲気で描いてみました。
 それでそんな雰囲気を感じてもらえたのかもしれませんね。
#でも、この絵、このままじゃ済まないかも…(^^ゞ。

 それにしても、こう言うところに住もうとは、やはり余程の決心が必要な気がします。恐らくこの当時にはもっと選択可能な土地が沢山あったと思いますから…。

のび太 #- | URL
2006/06/23 11:10 | edit

パステルって凄いんですね。のび太さんもご存知の通り、私は透明水彩絵の具を使用していますが、腕の良し悪しは置いといて、やはり表現しきれない部分がでてくるように思います。奥津さんも一部、色鉛筆を併用されていらっしゃるようですよね。

今回の絵を見せていただいて、私もパステルを使ってみたいなと思いました。

桐葉 #- | URL
2006/06/23 17:02 | edit

>桐葉さん
 パステルを使うと、こんなに簡単で良いのか…と思ってしまいます。それだけ水彩の技術修得が遠のくような不安が残ります。それが問題と言えば問題ですが、絵というのはもともとそういうものではないと考えれば問題にならないかもしれませんね。
 
 もし、パステルを考えるなら、是非、過去の記事を参考にしてみて下さい。
 なお、擦筆も何本か使うととても便利ですよ。

のび太 #- | URL
2006/06/23 17:22 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://3291ahiru.blog1.fc2.com/tb.php/314-a5e63ef1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ