… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は08月17日(木)子安運河」です。(7月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ余裕があります。)
「次回は08月18日(金)戸塚区民文化センター(皆で同じ風景を描く)」です。(7月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

伊那谷の風景・小川川:F6セヌリエ  

伊那谷の風景・小川川

 ここは、伊那谷の風景、とは言っても伊那谷を貫く天竜川に注ぐ多数の支流の一つ小川川(おがわがわ)の風景です。なぜこんな名前になったのかはわかりませんが…(^^ゞ。
 南アルプスの西に位置する伊那山脈を貫く「矢筈トンネル」を抜け、「上村」に向かおうという途中の風景です。
GoogleMap上の「上村」です。
#矢筈トンネルへのアプローチの立体構造を「立体写真で紹介しているこんなページがありました」ので、これもついでにご紹介しておきます。交差法(視線を交差させる見方)でご覧下いただくと、立体的に見えてきます。
上村を訪れた方のページもありました。この方の訪れた「しらびそ高原」や「下栗の里」は、またの機会ということで、今回は、とりあえず地域イメージを把握するのをまず目的にしています。


 今までと同じ田舎の風景には違いないのですが、これからのシリーズは、村から外に目を向けたものということで、タイトルをちょっと変えてみました。

 伊那谷とは言っても、地域の人々の言い方ですと「飯田伊那」とでも言うのでしょうか?いわゆる伊那市周辺のゆるやかな台地の地域とは区別して捉えているのです。これは主に生活圏域の違いなのですが、もちろん風景としても大分異なると考えて良いと思います。


 今回はセヌリエです。久しぶりに水彩画らしい絵を目指してみたのですが、こんな紙だったか…という感じで、どうも納得しかねる出来になってしまいました。
 でも仕方ない、これが実力なんですから…。それでも少しはコツらしきものがわかってきたような気がします。



 明日から、ちょいとした旅や出張が続きます。
#ワールドカップの準決勝・決勝戦はどうなるんでしょうか?(^^ゞ
 どうやら、このページの更新は週末までできそうもありません。m<(_ _)>m

category: ┗ 風景06年

tb: 0   cm: 2

コメント

小川川って面白い(^∀^)って言うかしつこいです(笑)。
道って良いですよね。私も道が大好きなんですよ☆
これからどこへ行きましょうか?目のお散歩になりました。

旅に出張、お気をつけて行っていらっしゃいませ。

傀熙瑚(Keiko) #- | URL
2006/07/03 12:07 | edit

>傀熙瑚(Keiko)さん ありがとうございました。
 たった今旅行から帰ったのですが、また明朝から今度は出張になってしまいました。
#飛行機が飛ばないかもしれないなんて、ちょっと危なかった(^^ゞ。

 今度のシリーズはどんな風景になりますかねぇ。まだちょっと想像がつきません。
 楽しみにしていただけると嬉しいです。

 では今度もっとゆっくり書ける時に…。

のび太 #- | URL
2006/07/06 00:23 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://3291ahiru.blog1.fc2.com/tb.php/320-b6a23521
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ