… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は08月17日(木)子安運河」です。(7月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ余裕があります。)
「次回は08月18日(金)戸塚区民文化センター(皆で同じ風景を描く)」です。(7月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

伊那谷の風景・橋の見える風景:F6セヌリエ  

伊那谷の風景・橋の見える風景

 南信濃村を抜けるとそこは天龍村。遠山川から天竜川の水系になります。
 平岡ダムを左手に見ながら上流方向に行くとすぐに羽衣崎橋。それを過ぎてしばらく行くと阿南町です。

 阿南町に入るとすぐに、この斜張橋の「南宮橋」が見えてきます。
 この橋、恐らく「天竜川に架かる橋」の中でも最も美しいものの一つでしょう。
#というよりむしろ、景観に配慮された数少ない橋の一つと言うべきかもしれません。
#老朽化して架け替えられた橋の多くが、どれほど殺風景な姿になってしまったかを考えると、ついついこんな言い方になってしまいます(^^ゞ。

 そういう意味で、ここは土木構造物が新たな景観の創出に成功している好例になるかもしれません。
 なお、この橋を見ている位置はこのあたりです。

 昨日、久しぶりにアルウィンの絵を見たせいか、今日の絵は描き始めからタッチがいつもと違ってなかなか良い感じで進んでいるように思っていました。 しかし、左側の近景を描く頃になると、いつものゴチャゴチャと描く悪い癖が出始めたようで、何とも納まりがつかなくなってしまい、一旦は洗い直して描く羽目になってしまいました。こんなこと初めてです。これって、絵画教室の経験があったからですね。
#もっとうまく描けていたと思ったのに、結果的にはそうでもなかったようです(^^ゞ。

category: ┗ 風景06年

tb: 0   cm: 4

コメント

川のゆったりとした流れを感じます。やっぱり、いいですね。「橋の見える風景」シリーズ、大好きです。のび太さんは「ごちゃごちゃ」と仰っていますが、左手の近景と右側の遠景のバランスがとてもいいと思いますよ。川の湾曲が上手く表現されていると思います。

追)親戚が天城にいるので、狩野川が懐かしいのですが、実際には三島育ちです。(笑)

桐葉 #- | URL
2006/07/24 03:44 | edit

くつろぎ

私も川の淀の感じが良く表現されているくつろぎのある絵だと思います。
いつもながら、のび太さんの絵は水の描写が素晴らしいですね。今回の空のような絵もシンプルで主題の他に注意をそらせない配慮が感じられます。(笑)

はる #- | URL
2006/07/24 09:03 | edit

>桐葉さん ありがとうございます。
 自分では、却って中景がゴチャゴチャしてしまいましたね。

 三島、そうですよねぇ。天城と聞いてちょっと違和感がありましたが、そういうことですか。
 

のび太 #- | URL
2006/07/24 11:31 | edit

>はるさん
 いかにも風景らしい風景ですね。
 早くここを描きたいと思っていましたが、順番順番と我慢をしていました。(^^ゞ
 もう一度挑戦をしても良いかなぁと思ったりしています。でもするにしてもそれは後回しですが…(^^ゞ。

のび太 #- | URL
2006/07/24 11:33 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://3291ahiru.blog1.fc2.com/tb.php/333-4a0c4469
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ