… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は10月31日(火)荒崎海岸(荒崎公園)」です。(10月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ少し余裕があります。)
「小島新田(運河)は11月3日(金)」に延期しました。
「次回は10月27日(金)代々木公園」です。(10月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

霧雨の永平寺2:F4オールドマスターズ  

霧雨の永平寺2

 やはり「永平寺」です。これは中雀門を通して山門を見た風景です。
 昨日と同様短時間で描こうとし過ぎたようです。
 不本意な絵になってしまいましたが、でもまあこれも記録としてアップしておきましょう(^^ゞ。

 この永平寺、複雑な建物の形態を短時間で描こうとしているので、先日、月光荘画材店で購入した8Bの鉛筆を使っていますが、これがなかなか調子が良いです。
#実はもう一本、芯が楕円の鉛筆画欲しいと思っているんです。

category: ┗ 風景スケッチ01

tb: 0   cm: 2

コメント

季節感

季節は夏なのでしょうか。
風景画に季節をどう描き込むかというのは一つのテーマと考えています。
そんなことは無頓着、あるいは描画対象によっては無関係という立場もあるでしょうが。
極めて日本人的と言いましょうか、どうしても季節感をベースにする立場から絵を観てしまいます。

はる #- | URL
2006/09/19 06:39 | edit

>はるさん
 時期は7月上旬です。まだ梅雨の季節ですね。
 風景画の場合には、季節はどうしても感じられるものも多いでしょうが、季節と同時に時間帯のこともありますからね。
 それに空気感とも言いますし…。

のび太 #- | URL
2006/09/19 09:29 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://3291ahiru.blog1.fc2.com/tb.php/360-fc0483b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ