… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は08月17日(木)子安運河」です。(7月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ余裕があります。)
「次回は08月18日(金)戸塚区民文化センター(皆で同じ風景を描く)」です。(7月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

駒場公園旧前田邸:F8ストラスモア  

駒場公園旧前田邸

 ここは「駒場公園内の旧前田侯爵邸」です。
 実は、ここは昨年6月にも描いたことのある風景です。
 違った方向から描いてみようと考えないわけではなかったのですが、何と言ってもこの風景は、(絵はがき的と言われてしまうかもしれませんが)ここで一番の風景だと思うのです。それに、以前の絵と比べてみたかったこともあって、敢えて描いてみました。
 少しは進歩しているでしょうか?
#してなかったら悲しいかな?(^^ゞ

 実は、最初は、建物を紙面の左上の方に描きすぎたかと思い、かなりトリミングが必要かなぁと思っていたのですが、先生のアドバイス(手前の緑の島を少し右にずらす)でかなり良くなっているのです。
 現場で描いたときは、建物の表現に拘りすぎて(これは私の仕事柄、建物に対する思い入れが強すぎるのかもしれませんが)全体を見るという視点を忘れてしまい、部分から描き始めてしまいました。それに筆も一回り細い筆になってしまっていました。もっとおおらかに、大胆に行くべきでした。

 現場で描くということはなかなか思うようにならないことが多いものです。特に、描いた位置が木漏れ日の落ちる木陰。色彩の調子が良く見えません。それに現場で描くとどうも色がうまく出てくれません。これも慣れないせいでしょうかねぇ。
#そう言えば、発色の悪いストラスモアだったせいもあるかも。

 木の表現、影が一部強すぎたことなど、まだまだ反省点が多い。
#もう少し手直ししておこう。

category: ┗ 風景06年

コメント

洋館好きです!

旧前田侯爵家別邸、現「鎌倉文学館」に行ってみようと思っていたところでした。
タイムリー!(かなり無理やり)
東大のほうは地元ですが、こちらには行ったことがありません。
建物が緑に溶け込んでいる感じでステキですね。
こういうふんわりした絵って私には描けなそう。
大体風景画って苦手です。
のび太さんをみてると、書いてみたくなってきますね~。
多分無理だけど。

SATOKO #- | URL
2006/09/22 19:49 | edit

>SATOKOさん コメントありがとうございます。
 ここは公園を含めて、なかなか良い雰囲気ですよ。お近くなのにもったいない。是非行ってみて下さい。
 ついでに絵にも挑戦してみたらいかがでしょうか(^_^)?

 そう言えば、鎌倉文学館、こちらは私の方が近くなのに行ったことがなかったですねぇ(^^ゞ。
#近いうちに行ってみようφ(..)メモメモ。

のび太 #- | URL
2006/09/22 19:56 | edit

やっぱり・・・・

のび太さんはこういう感じの絵ならピカイチですね。
こちらは眺めているだけですが、安心して見ておれます。

コロコロこころ #- | URL
2006/09/22 21:52 | edit

臨場感

現場で描き上げた絵はやはり臨場感がありますね。
のび太さんの丹念な筆致がそれでも生きている。
使われた絵筆が細めだったとのことですがそのせいもあるのでしょうか。
木漏れ日の当たるなか彩色に苦労された由、大変でしたね。
描いている時は見物人も通るのでしょうね。私は人前で描くのに慣れてないので今後の課題です。

はる #- | URL
2006/09/22 21:57 | edit

>コロコロこころさん
 それは言い過ぎですよ(^^ゞ。
 いろいろ悩みながら描いているんですから…。

 もしかしたら突然変わるかもしれませんので、その時はご容赦を(^^ゞ。

のび太 #- | URL
2006/09/23 00:59 | edit

>はるさん
 私は、他人の目はそれほど苦にはならないのですが、実際に、現場で描くと、その度にいろいろな不都合があることに気づかされます。それが結構やっかいですね。
 この絵は、現場での仕事が進まず、大半は(アトリエではなく(^^ゞ)自室で描いているので、今までの絵とあまり違わなかったのかもしれませんね。
 現場の雰囲気を活かそうとは思っているのですが、なかなかうまく行きません。まだまだですね。

のび太 #- | URL
2006/09/23 01:02 | edit

手を入れる

現場で描いた絵には手を入れない方がいいですよ
手を入れる時は描き直した方がいいと思います
良くなったことはありませんでした(経験者)

kitasan #- | URL
2006/09/23 11:45 | edit

比較すると

色にぐっと深みが出ていて、新しい絵の方がいいと思います。実物を見たわけではないですが、木の形もこちらの方が自然なような気がします。

和美 #5x/4IsC2 | URL
2006/09/23 15:24 | edit

>kitasan コメントありがとうございます。
 この絵は、現場では半分も描けていなかったのです。それでいつものような具合で描いてしまったのですが…。
 現場の絵に、帰宅した後手を入れるというのは、絵の中にずれた感性が混在してしまうということになるんでしょうかねぇ。
 肝に銘じておきます。どうもありがとうございました。

のび太 #- | URL
2006/09/23 18:48 | edit

>和美さん
 比較の感想ありがとうございました。
 自分なりに言えば、前の絵の頃は、まず、写生第一でしたし、それも中途半端でしたね。

 和美さんも、最近、良く絵を描かれているようですね。いつも見せていただいています。
#コメントを…と思ったこともあったのですが、ちょっとややこしそうだったので、そのままになっていました。m<(_ _)>m

のび太 #- | URL
2006/09/23 18:54 | edit

続き

続き
おっしゃる通りだと思います
前年の絵と比較すると
 大気がある
 重い
 作意がある
良くとるか悪くとるかは作者次第(勝手な言い方ですね ^ ^ )
欲をいえば足下の道と芝生を描きたいですね(主と従の関係)
とまあ描けない者が言っています

 
 

kitasan #- | URL
2006/09/24 10:44 | edit

<のび太さん>

現場の絵には 臨場感がありますね。

それは とっても大切なことで、 そして帰宅して見て
余計なものに気がつき修正、となりますよね。
例えば 電柱をそのまま描き込んでいる、とか。

消せない紙は 辛いですが。

でも のび太さんは デッサン力がおありだから
ご苦労があるとは 思いもしませんでした。

皆 苦労してるんですねえ。

kimiko #CwLz6KLQ | URL
2006/09/24 12:41 | edit

なるほど、日々進歩していますね。

特にここ最近は下絵の輪郭線が薄くなって
筆で描くって感じですね。

のほほん父さん #- | URL
2006/09/24 13:15 | edit

>kitasan
 まあ、少しは良くなっていると思いたいですね。だって、そのために描いているんですから…。
> 欲をいえば足下の道と芝生を描きたいですね(主と従の関係)
 確かに、このままでは足元が心許ない感じがしますね。
#ちょっと考えましょう。

のび太 #- | URL
2006/09/24 14:53 | edit

>kimikoさん
 臨場感、自分では良くわからないところもあるのですが、やはり絵にはそれが必要だったという気がしています。
 本当に、苦労なしに気軽に絵が描けたら楽しいでしょうね。私なんて、苦労だらけですよ。

のび太 #- | URL
2006/09/24 14:56 | edit

>のほほん父さん
 少しは進歩していると思っていただけますか?
#そうだったら嬉しいですねぇ。
 下絵の鉛筆の線をどうするか?は結構悩ましいものです。特に、奥津国道氏は鉛筆の線をくっきり描く描き方をとっているものですから、私も随分それに影響されてしまいました。今でも、鉛筆の線が残っているのですが、絵の具を乗せると全く気にならないような程度になっていますね。

のび太 #- | URL
2006/09/24 15:01 | edit

いやー昔の絵よりも、なんというかきちんとした安定感があるように感じます。

輪郭線を使うか使わないかは、敢えて無責任にいうと、好きに描けばよろしいかと・・・。いや、素人ながら(汗)
他の人の絵とか見ても、輪郭線込みでピシリと決める人もいれば、無しで決める人もあり、居あい抜きのような絵もありで・・・
模索した挙句、落ち着くべきところに行くのかなあと・・・
あんまり描いてない私が言う資格はないんだけれど。

のほほん父さん #- | URL
2006/09/24 20:24 | edit

>のほほん父さん
 ありがとうございます。
 絵というものは描き手の自由ですから、まさに千差万別・10人10色。ただ、不思議なことに写実的に描いた絵よりも、省略的に描いた絵の方が何だか豊かなものを感じさせてくれるような気がしています。
 鉛筆の線がますますぼけてきているのは、多分、そうした気持ちがあるからなんでしょうね。

のび太 #- | URL
2006/09/24 20:39 | edit

ハッハッ。いやーマズいです。いい加減な絵をたくさん出していますから。書き込みがないから、たぶん見に来ていらっしゃらないと思っていました。

本当に人さまざまですね。WDE に投稿した絵の背景が気に入らなかったので、そのうち直しますと書き込もうとしていたら、ある人が背景が好きとコメントを残してくれたので、直すわけにも行きませんわねー。内緒で直すしかないです。結局は、すべての人に気に入ってもらえる絵を描こうとしても無理ということでしょうか。

和美 #5x/4IsC2 | URL
2006/09/25 12:55 | edit

>和美さん ホテルからです。
 ブログを書き始めると様々な方たちから意見を頂きますが(もちろんそれを求めているのですが...)、皆さん暖かい意見ばかりですね。
#内心は、厳しい意見ももっと欲しかったりしますね。ですが、あまりそういう意見が多いと絵を描きたくなくなったりするかもしれませんが....。
 いすれにしても、こうした皆さんとのご意見が聞けるのはとても便利なものですね。
#それに影響されて、あまりふらふらしないように、しっかりしなくては....とも思います。

のび太 #- | URL
2006/09/26 07:56 | edit

同感、同感。

和美 #5x/4IsC2 | URL
2006/09/27 00:48 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://3291ahiru.blog1.fc2.com/tb.php/362-f143504a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ