… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は08月17日(木)子安運河」です。(7月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ余裕があります。)
「次回は08月18日(金)戸塚区民文化センター(皆で同じ風景を描く)」です。(7月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

陸羽東線~新庄・酒田・新潟・飯山へ  

<日記>
 仕事がらみですが、今回のコースの概略は標記のとおり。

 陸羽東線沿線は、まさに稲穂が黄金色に輝く季節。中山平駅では降りてブラブラ散歩したが期待ほどの風景には遭えずじまい。
 新庄からのコースでは、出羽三山の一つ羽黒山(国宝の五重塔などを有する)、酒田の倉庫群。さらに、右に日本海の笹川流れ、左にはところどころ現れる漁師町を眺めながら南へ。加茂の街並みは大した見どころもなく過ぎたが、村上では屏風祭り中でもあり街並みもそれなりに楽しみながら新潟へ。そしてさらに、飯山線の沿線風景を眺めつつ長野から東京へ。
 飯山線沿線の風景(心の原風景というキャッチフレーズもあるらしい)には笹川弘三氏も深い関心を寄せていたようなので期待していたが、新しく造られた建物がそれまでの風景を乱してしまっていて個人的にはかなり落胆。ただ、飯山市立美術館で川越出身の画家相原求一朗の絵を見られたのが収穫か。彼の絵は「具象即抽象」がその境地とか。

 持参した資料は「日本の町並みⅢ(別冊太陽)」。新幹線車内のトランヴェールには越後村上の特集がありグッドタイミング。

 GPSは、持っていくのを忘れて役立たず(^^ゞ。

category: ●日記

tb: 0   cm: 2

コメント

各スポットを

URLを辿って懐かしく拝見しました。(特に羽前、庄内は私の地元でもありますし)

これからいずれのび太さんの絵になって拝見できるであろうことを期待してます。(笑)

はる #- | URL
2006/09/28 21:08 | edit

>はるさん
 絵にするのはのんびり行きますので、いつになるか…(^^ゞ。
 気長に楽しみにしていて下さいね。

のび太 #- | URL
2006/09/29 10:48 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://3291ahiru.blog1.fc2.com/tb.php/365-4f0896b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ