… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は08月17日(木)子安運河」です。(7月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ余裕があります。)
「次回は08月18日(金)戸塚区民文化センター(皆で同じ風景を描く)」です。(7月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

陸羽東線沿線の秋:F6ラングトン  

陸羽東線沿線の秋

 仙台の北「古川駅」から陸羽東線に乗り、「新庄駅」に向かう途中の風景です。GPSを忘れてしまったので場所を特定できないのですが、小国川や山容から考えると、恐らく「鵜杉駅」の近くではないかと思います。
 刈り入れを待つばかりの黄金色の田園が印象的でした。

 紙は初めて使用するラングトン。嫌いじゃないかも。

 今夜半、ディープインパクトがフランス凱旋門賞レースに出走。普段は競馬の結果なんて気にしたことがない私も、こればかりは見逃せない。

category: ┗ 風景06年

コメント

黄金色の田園

黄金の稲田は、一度描いてみたいモティーフですよね。象潟あたりのを(じゃなくてもいいけど)。

全体にキレイにまとまってて、水彩らしくていい感じだけど、青、緑、黄を、各色とも、もっともっと濃く、明るく、鮮やかにしてみたら、冒険になるかもー。

ディープインパクトの走る、ロンシャン競馬場、デュフィやマネの描いたのとそのままの風景でしたね。

それと、以前、亀をカラスに持ってかれたのって、のび太さんでしたっけ? 亀が浴槽の下にもぐり込んでしまったのですが、出てくるようおびき寄せる有効な方法、知ってます?

ちまる #H3kEyMOM | URL
2006/10/02 01:06 | edit

>ちまるさん
 僕の個人的な思いかもしれないけど、平野の広大な風景ではなくて山とか空の雲とか変化が欲しいんですよね。ですからここもそんな風景を描いたんですが、いつものように要素が多すぎるのかも。
 色彩の問題は、私の最も苦手なところなのですが、確かに、思い切ってそのくらいのこと考えた方が良かったかもしれないですね。
 ディープインパクトは残念!でも、久しぶりにドキドキさせてくれたからまあ良いか。
 デュフィやマネの絵、良く知らないんですよ。これから探してみようっと。

 カメをカラスにっていうのは知らない(スズメがカラスにっていうのは見たことある)けど、カメは10匹近くかったことありますよ。多分小さなカメなんだろうと思いますが、棒で引っ掻き出すか、えさでおびき寄せるしかないんじゃないでしょうか?
 私だったら、「糸にえさをつけて、カメがそれを飲み込んだら糸を引っ張って引きずり出す(糸は口元で切って、自然に出てくるのにまかせる)」かな?

のび太 #- | URL
2006/10/02 10:13 | edit

秋景色ですねぇ

小国川と聞いただけで懐かしさがこみ上げてきます。
山並みも正に庄内のもの。
海坂藩の領地も斯くありなん。

はる #- | URL
2006/10/02 10:34 | edit

思わず見つけた穴場の風景・・・。

そうそう、どこにも紹介されていないけれど、本当に美しい風景ってありますよね(*^-^*)
そうかあ・・・。もう東北は紅葉が始まっているんですね・・・。
本当に美しい風景をありがとうございます☆

傀熙瑚(Keiko) #- | URL
2006/10/02 13:48 | edit

>はるさん
 そうでしたか?こちらもはるさんのゆかりの地だったんですね。
 海坂藩。「蝉時雨」ですね。

のび太 #- | URL
2006/10/02 15:18 | edit

>傀熙瑚(Keiko)さん
 私も田舎育ちのくせして、黄金色の風景って意識してみたのは初めてかもしれません。これも絵を描き始めたからこその贈り物かもしれません。
 田舎の黄金色の風景は描き損なってしまったようです。
 今は紅葉にはちょっと早いんですけどね。でももうそろそろでしょう。

のび太 #- | URL
2006/10/02 15:20 | edit

要素が多いというのは、そうかも知れないけど、それはのび太さんの構図の好みなのだから、別にいいと思います。今の絵は、稲が実っているのがアクセントの田園風景という感じ。左上頂点をそのままにして、画面を下・左の縦横に広げたら、稲の実りにポイントがシフトするかも知れない。山をかなたに一線に並べて、稲田を一面に、ところどころ樹木を配して、隅のほうに川を置いて、…ってふうに鳥瞰的にしたら、また違った絵になるし。(いずれにしても、ロケハンが大変。)

…でもそんなのは、描き手が何を描きたいか、という問題だから、好きにすればいいと思う。よく、一寸の隙もない構図、とかいうけど、絵になると思った風景が、自然とそういう構図になっている場合が多いだけのような気がする。

動きというのは、難しいですよね。以前、画面を空と麦畑の二つに割っただけの絵を見たことがあるけど、空には雲が大きく流れていて、麦も風にうねっていて、単純な構図なのに物凄く動きがあった。

…で、何を書こうとしたかと、亀、無事に出てきてくれましたよ、ってことでした。

ちまる #H3kEyMOM | URL
2006/10/02 15:58 | edit

>ちまるさん ちょっと種明かしをすると…
 この風景、実は河川敷の草むらの幅がもっと広くて、川を入れると田園が見えないし、田園を描くと川が見えなくなってしまうんです。それで両方見せたかったので河川敷をちょいと狭くしたってわけ(^^ゞ。

 亀が無事出てきて良かったですね。そんな行儀の良い亀ってそう居ないですよ(^_^)。

のび太 #- | URL
2006/10/02 16:06 | edit

マネじゃなくてドガでした。同じ二文字だから間違えた。

ちまる #H3kEyMOM | URL
2006/10/03 17:17 | edit

>ちまるさん
 ちまるさんでも間違えることががあるんですね。何故か少しホッとしました(^^ゞ。
 でも、今探したけどデュフィもドガも見つからなかった。探し方が悪いかな?
 まだ美術書があるからそちらで見つかるかな?

のび太 #- | URL
2006/10/03 21:22 | edit

ドガの絵は有名です。(超重いサイトしか見つからなかった)
http://www.therunninghorse.com/pow/degas_edgar-racehorses_at_longchamp_1873-75.shtml

あと、マネもやっぱり描いていた。私がさっき言おうとしたのは、ドガのほうだったので、間違いは間違いだったんだけど。
http://www.artchive.com/artchive/M/manet/longchamp.jpg.html

デュフィのは、以前鎌倉のマイナーな企画展でナマで観たんだけど、どうもこれは、ドーヴィル競馬場だったみたい(汗)。画像探したけど見つからなかった。似たようなのを貼っておきます。私の観たのは、これよりもっと色数が多くてキレイだったの。
http://web-kiosk.scrippscollege.edu/Obj10363$16596

上手く貼れたかな。

ちまる #H3kEyMOM | URL
2006/10/04 00:40 | edit

>ちまるさん ありがとう。
 ドガのこの絵はインターネットで見つかりました。競馬の絵じゃなさそうなので、これじゃないと思っていました。
 マネの絵は、まさに競馬の風景ですね。結構迫力を感じますねぇ。
 デュフィは、鎌倉大谷記念美術館(神奈川県鎌倉市佐助、館長大谷正子)の、1998年7月7日(火)から8月27日(木)まで『盛夏の展示』で、海と競馬をテーマにした作品を展示したようですね。
 この時には、競馬については、<デュフィは、華やかな社交の場である競馬場を愛し、ドーヴィルやロンシャン競馬場に足繁く通い、その賑わいを作品に残しています。今回の展示では、『パドック』や『ドーヴィルの競馬』など、競馬をテーマとしたコレクションの数々を展示いたします。 >とあります。
 ちまるさんの見たものはこれだったのかな?

 いずれにしてもお手をわずらわせてしまいましたね。ありがとうございました。

のび太 #- | URL
2006/10/04 20:22 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://3291ahiru.blog1.fc2.com/tb.php/366-f561b7dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ