… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は08月17日(木)子安運河」です。(7月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ余裕があります。)
「次回は08月18日(金)戸塚区民文化センター(皆で同じ風景を描く)」です。(7月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

羽黒山継子坂下:F6ウォーターフォード  

羽黒山継子坂下

 「羽黒山」の主要な施設は羽黒山頂に位置しているのですが、一の坂、二の坂、三の坂と登っていくそこに至る坂道に趣があります。
 ところが、随神門をくぐった最初の石段が下りだというのに驚かされます。これが継子坂。その下に絵のような建物群が見えてきます。
#これについては、地図や案内書を見ても何とも書かれていませんが(^^ゞ。

 本当なら周囲を暗くして陽の当たる中央部を浮き立たせるように描きたいところですが、それはあまりに面倒だったので敢えて逆にしてみました。
 いつかちゃんと描きたくなったらそうしましょう(^^ゞ。それまでは皆さんの想像力に期待しています(^_^)。
#色を塗らない方が良かったなんて言われてしまいそうですね(^^ゞ。

category: ┗ 風景06年

tb: 0   cm: 4

コメント

試行錯誤して悩んでますね?
薄墨を流すような感じはどうでしょう?
って他人事のように言ってますけど(^^;)

前作の「末社羽黒山天地金神社」はいい感じじゃないですか。

蛸林 #hG7ZF4t. | URL
2006/10/03 19:04 | edit

薄化粧の羽黒山

もちろん雪で、です。
晩秋の羽黒山参道にうっすらと雪が降りた図。
と観ても結構楽しめますね。(笑)

はる #- | URL
2006/10/03 20:24 | edit

>蛸林さん
 どうも最近、何を描いてもしっくりこないような気がするんですよね。ですから、気晴らしです(^^ゞ。
 あまり根を詰めても仕方ないですから…。

のび太 #- | URL
2006/10/03 21:29 | edit

>はるさん
 そうそう、その精神を期待しています(^^ゞ。

のび太 #- | URL
2006/10/03 21:30 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://3291ahiru.blog1.fc2.com/tb.php/368-4d2d3f8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ