… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は10月19日(木)荒崎海岸(荒崎公園)」です。(10月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ少し余裕があります。)
「次回は0月20日(金)小島新田(運河)」です。(10月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

風景画教室・旧古河庭園:F8ストラスモア  

旧古河庭園

 ここは旧古河庭園。今日は4回目の風景画教室です。

 以前にも訪れたことがあったのですが、その時には、この重厚な石造りの建物から色彩を感じられず絵にするまでの気持ちになれなかったのですが、今回はそんなことは言っていられません。
#そう言えば、SATOKOさんも、紹介してくれていましたが…。
 早めに場所を決め描き始めました。曇り空で一時はパラパラとし始めてヒヤッとしたのですが、何とか雨にも降られず、一人だけ時間延長をして最後の段階まで現場で描くことができました。空も曇り空を描きました。
 途中、絵の上にトンボやミツバチが止まったりして歓迎もしてくれたようです(^_^)。天候としては、却って快晴の場合より描きやすかったような…。
#それに、現場でF8を描けるようになったのは、私には大きな進歩と思っておこう。

 その後、S氏の個展に行って絵を見ながらS氏とお話し、さらに、先生達がいるかも…ということで近くの喫茶店を覗いてみると、まだ皆さんおしゃべり中。
 そんな中で聞いた有益な話しを皆さんにもご紹介しておきましょう。

・独りよがりでいくら描いても見る人に感動はしてもらえない。絵がうまい、良く描けている等の意見は、感動の共有とは違う。共有してもらうためには、見る人と共感できる言語(表現)が必要。
・「絵」はイラストとは違う。つまり、対象を説明するのではなく、絵を見てくれる人と共感できるものを表現することが必要。それは、「空気感」と言ったものを超えた「感覚・感情を含む雰囲気」。
#その意味では、建物をまともに描こうとしたこの絵は、スタートから間違っていたのかと、その話しを聞いてちょっと落胆(^^ゞ。
・教室はあくまでも「勉強の場」。絵を描くためには、自分でその場に行かなければならない。
#勉強だと考えれば良いか、とちょっと慰められる(^^ゞ。

category: ┗ 風景06年

コメント

んん~?

のび太さんが教室に行くと変な絵になってしまいますね。
相当失礼な言い方でごめんなさい!

でも、いつもの温もりが感じられません!!
何でかな~って感じです。

コロコロこころ #- | URL
2006/10/05 00:13 | edit

>コロコロこころさん
 それは多分、私の感じる「イラスト的」な絵が、コロコロこころさんの感性に合っているんだと思います。私自身、そういう絵もありだと思っているのですが、描いている本人としては、それでは足りない何かを感じてしまっているのです。
 それに教室の絵は、限られた時間の中で挑戦的に試行している「勉強の絵」なんです。これが私の成果品というわけではありませんので、そのあたりで、そう感じさせてしまっているのかもしれませんね。
 それでも自分が納得できた絵が、最終的に納得してもらえるものになるかどうか、保証はできないんですが…。そこは絵の難しいところでしょうねぇ。

のび太 #- | URL
2006/10/05 00:23 | edit

そうですね~

昔は東京に行くと新宿西口の東郷美術館によく行ってましたが、一般に絶賛された絵よりも、もっと初期の頃の絵に惹かれて何度も何度も通っていました。
もしかすると私の感性が変なのかもしれませんね~(笑)

それと、長いので呼び名はコロコロにして下さい!

コロコロこころ #- | URL
2006/10/05 00:37 | edit

>(じゃあ)コロコロさん
 感性が変ということはないでしょう。
 私も今まで描いてきた絵が嫌いというわけじゃないんですよ。画風というのは結局は自分の好き嫌いがベースですから、頭で考えるほど簡単には変えられないんですよね。
 そこがまた絵を変えることの難しさでして…(^^ゞ。

のび太 #- | URL
2006/10/05 00:42 | edit

画法は言語

画法は言語と似ているのかなとよく思います。

何をどう話すか→何をどう描くか

話し方がうまい人→絵の上手い人

話し方は訥々だが感動的な話が出来る人っていますよね。(立松和平さんのイメージ。失礼!)

それにバイリンガル、トリリンガルの人もいる。
日本語大丈夫、英語まあまあ、フランス語ちょっぴりなどという人もいる。

絵も同じじゃないかなぁ。(笑)

はる #- | URL
2006/10/05 06:05 | edit

のび太さん、こんにちは!
のび太さんのブログでいつも勉強させていただいています。
今回のテーマも、とても考えなければならない事とおもいます。
ありがとうございます。

さわ #- | URL
2006/10/05 09:15 | edit

>はるさん
 > 画法は言語と似ているのかなとよく思います。

 独・英語の得意な、はるさんらしい含蓄のある例えですねぇ。
 確かに、このブログに度々訪れてくれる方々は、私の画法に理解してくれたり関心を持ってくれているってことなんでしょうねぇ。
 それなのに、それを少しでも何とかしたいってことは、上手な話し方を身につけたいってことなのかな?
#まさか、も一つ言語を修得したいってほど欲張りではないつもりですから…(^^ゞ。

のび太 #- | URL
2006/10/05 14:21 | edit

>さわさん
 そう。余計なことまで書いているのは、同じように絵を描いている方達の参考になれば…っていう気持ちも少しはあるんですよ。
 そう思っていただければ私も嬉しいです。

のび太 #- | URL
2006/10/05 14:24 | edit

明治の館フリークです

こんにちは。見にきました!
石造りのチャコール風の色も好きな私です。
モノクロも色彩!

上手と個性は違う。
でも、私は、きちんと書けない人の、いわゆる感覚のみで成り立っている絵って、
好きじゃないんです。
自分の感情や情熱、プライドやコンプレックスまで、
押し付けてくるような絵って、たまにありますよね。
そういうのは、人に見せずに自分で処理して。
っていいたくなっちゃう。

まず、対象を受け止めて、一生懸命描いてみる。
表現はそれが描けた後の問題なんじゃないかと。

のびたさんの絵って、対象をしっかり受け止めようとしてますよ。
個性って、出そうとしなくても、出ちゃいますよ。
このブログに来てる人は、きっとのびたさんの個性が好きな人です。

SATOKO #- | URL
2006/10/05 17:52 | edit

>SATOKOさん ありがとうございます。
 そんな風に私の絵を見てくれていた人がいたのかと嬉しくなってしまいました。
#それとともに、独りよがりにならないようにしなくちゃ…という思いもですが(^^ゞ。

のび太 #- | URL
2006/10/05 20:45 | edit

違う話ですが・・・

いつもお尋ねしようと思いつつ言いそびれていましたが、
ここに貼ってある絵はどうやってjpgファイルを作られるのですか?
写真で写したにしては歪みがないし、不思議だなぁ・・・と
ずーっと思ってました。

コロコロこころ #- | URL
2006/10/05 23:46 | edit

>コロコロさん
 絵は、A3スキャナーで取り込みます。
 その場合、F6サイズは上下が一部カットされてしまいます。F8以上は(と言っても私の場合の最大サイズはF10までしかありませんが)、2枚で取り込んだものをPhotoshopで合成します。
 その後、画像縮小ソフト(縮専)で定型サイズに縮小しています。
http://hulatt.hp.infoseek.co.jp/MailMag/108Shukusen.html
 ついでに言えば、「風景画ギャラリー」ではアルバム作成ソフト「Alkan3」を使っています。
http://www.k2.dion.ne.jp/~tinu/soft.htm
 このソフト、未熟な部分も多いのですが、基本的なデザインがシンプルでカスタマイズしやすいこと、サムネイルからの画像表示がスマートなこと、htmlのデータがわかりやすいこと等のメリットを評価して使っています。

のび太 #- | URL
2006/10/06 00:04 | edit

>のび太さん
先生達のお話、とてもよく分かります。

9年前でしたか、マーガレットを描いた時
あの細かい葉っぱを描きました。

それを見た先生が こんな所を説明しなくていい、
と緑で消されました。
絵は説明するもんじゃない、って身に染みました。

絵って不思議ですねえ。
現場で自分が感動して描いた絵は
会場でも じ~とたたずんで見てくださる方たちが
います。

一方 勉強だから、と描いた絵は 上手く描けても
魅力がないのか、相手にされませんね。
紙一枚でも 凄い力があるのですねえ。

kimiko #CwLz6KLQ | URL
2006/10/06 01:06 | edit

>kimikoさん
 多分、絵を描いている人はどなたも同じような経験をしているんでしょうね。kimikoさんの気持ちも良くわかりますよ。
 「自分の感動なくして他の人を感動させられるわけがない」って誰かが言っていたけど…。

のび太 #- | URL
2006/10/06 09:12 | edit

皆さんの色々なご意見、とても勉強になりました。
のび太さんの情熱的な絵への取り組みを感じ、共感しました。

かつ子 #MAyMKToE | URL
2006/10/11 14:58 | edit

>かつ子さん ありがとうございます。
 それほど情熱的ってわけではないんですが…。
 でも、暇をもてあまして描いているってわけでもないし、まあ描くからには少しは納得の行くものを描きたいっていう気分でしょうか?
 かつ子さんも同じだと思うんですが…(^_^)。

のび太 #- | URL
2006/10/11 20:11 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://3291ahiru.blog1.fc2.com/tb.php/370-59eb9500
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ