… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は10月31日(火)荒崎海岸(荒崎公園)」です。(10月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ少し余裕があります。)
「次回は10月20日(金)小島新田(運河)」です。(10月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

横浜海岸教会:F4オールドマスターズ  

横浜海岸教会

 開港記念館前広場から見た逆光の中の「横浜海岸教会」です。
 逆光に透けるイチョウの葉が印象的でしたが、表現しきれませんでした。

 本当は、この教会の背景はビルなのですが、ここでは空に置き換えてしまいました(^^ゞ。

 この水彩紙、私にとっては結構むずかしい紙のような気がしてきた。これならコットマンの方がまだ素直かもしれない。
 もしかしたら、私の好みからはもう少し絵の具を濃い目に使う必要があったのかも。

category: ┗ 風景スケッチ01

tb: 0   cm: 4

コメント

逆光の葉は白く塗り残して
最後に色が分かる程度に塗ります

屋根にかかった葉は透けた感じですよ
ということはバックによって色は変わるということですね

建物と葉の関係ですが
葉の部分を塗り残して建物を先に塗り、後から葉を描いてみて下さい
建物がしっかりするはずです
(先生口調で失礼しました ペコ)

分からないところがありましたら質問して下さい

kitasan #- | URL
2006/10/17 22:59 | edit

>kitasan いつもありがとうございます。
 今回と次回の絵は、短時間で雰囲気を描きとめるスケッチのようなイメージで描いてみました。そんなわけで特に木の表現もベタっとしてしまったようです。
 しかし、それでも踏むべき手順があり、表現のために留意すべきことがあるんですね。言われんとすること、私なりには理解できたようです。
 以前、教えていただいた近・中・遠景の区別もちょっと不十分だったかもしれませんね。
#意識はしていたつもりなのですが…(^^ゞ。

 今後も、気づいたことを指摘していただけると嬉しく思います。よろしくお願いします。

のび太 #- | URL
2006/10/17 23:34 | edit

絵ってそう言うことが出来ますからね☆

世界遺産の中にも景観の悪化の為に外されてしまったものもありますが、そこをなんとでも出来るのが絵の良いところですよね(^-^)

時々影の色を加えると潰れてしまう紙ってありますよね・・・。
ドーサが強い方が良いのかもしれません・・・。

傀熙瑚(Keiko) #- | URL
2006/10/18 00:04 | edit

>傀熙瑚(Keiko)さん
 今までもそういうことって意識していたつもりなんですが、実はそれほど自由には考えられなかったんですよね。
 でも、最近、もっと楽しんだら良いんだってことを感じるようになってきたようです。少しは進歩しましたかねぇ(^^ゞ。

 私も、ドーサの強い紙が好きなのは、やはりその方が私の描き方に合っているのかもしれませんね。

のび太 #- | URL
2006/10/18 00:35 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://3291ahiru.blog1.fc2.com/tb.php/377-90cd0210
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ