… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は10月19日(木)荒崎海岸(荒崎公園)」です。(10月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ少し余裕があります。)
「次回は0月20日(金)小島新田(運河)」です。(10月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

風景画教室・葛西臨海公園から:F8ウォーターフォードW   

風景画教室・葛西臨海公園から

 本日は、先週に続いて夢の島の予定だったのですが、待ち合わせ場所の新木場駅にいると、先生が「今日の天気は素晴らしい。伊豆(は見えるはずないし、何処だったろう?)や木更津の方まで見えるし雲もオレンジ色だ。葛西臨海公園に行こう。」と興奮気味。

 そんなわけで急遽予定を変更して葛西臨海公園へ。この風景は、そこから木更津方向アクアラインを遠望したものです。
 太陽の光、空・雲、海、そしてアクアライン、そんなものの総合演出による風景と言えましょう。

 でも、このような明確なポイントのない風景を描いたのは初めてなので、せめてと、手前に渚を入れてみましたが…。

 昨日の、夜のTV番組「なんでも鑑定団(12ch)」で見た、牧野義雄の絵(「画集:Color of London」に掲載されているものらしいが…)。(2000万円の鑑定評価がされたが)良かったなぁ。

category: ┗ 風景06年

コメント

いいなー、いいなー。
綺麗だったでしょうねぇ。
私なんて一日ブラインドで外の見えないフロアにおりました。仕事暇なのに・・・。
ぐれてやる(笑)。

ミケ #Pe0og0Jg | URL
2006/10/25 23:18 | edit

光の描写が

光の描写が素晴らしいですね。
その光の中にかすかに見えるアクアラインが意外にアクセントに感じられるのも不思議ですね。
渚を取り込んだのも、より深い奥行き感を出すのに効果的ですね。勉強になります。

はる #- | URL
2006/10/25 23:22 | edit

>ミケさん
 綺麗でしたよ~。晴れ渡って来るまでのほんのわずかの時間でしたけどね。
 でも、こういうだだっ広い風景から何を選び出せば良いか、なかなか悩みますねぇ。いろいろ経験させてくれますよ。教室って言うのは…(^^ゞ。

 ミケさんは室内でしたか。
 でもミケさんは、良識が邪魔してグレられないだろうなぁ( ´ー`)ノ。

のび太 #- | URL
2006/10/25 23:25 | edit

美しい・・・。

とにかくその一言です(*^-^*)

傀熙瑚(Keiko) #- | URL
2006/10/25 23:25 | edit

牧野義雄の水彩画、TV画面を通して見てもゾクゾクするような絵でしたね。

久しく海を見てません。
今日は風が冷たかったかもしれないですが、いい天気でしたねぇ。
下の草が生えている堤防?の部分は切って、渚の砂浜?だけの方がすっきりしたかも。
さもなければ、渚は画面の右端まで持っていかないで途中で切るか・・・

蛸林 #hG7ZF4t. | URL
2006/10/25 23:32 | edit

>はるさん
 水彩画の場合、基本的には光は白地で残しますから、問題は、その周辺の表現なんでしょうね。今回は、ちょっとありきたりだったかも…と反省もあります。
 最初から手前に何かを入れないと絵にならないような気がしていましたが、自分としてはあまり手頃なのがなく、こんな風になりました(^^ゞ。

のび太 #- | URL
2006/10/26 00:14 | edit

>傀熙瑚(Keiko)さん
 こんな風景を描いたのは初めてですが、美しい風景を描くのもタイミングが大切ですよね。今回、改めて感じさせられました。
 やっぱり、現場でないと感じられない色彩ですね。
#でも、現場は刻々と変化しすぎですが…(^^ゞ。

のび太 #- | URL
2006/10/26 00:17 | edit

>蛸林さん
 とにかく限られた時間の中で決着をつけないといけないので大変ですが、手前に何かを入れないと絵としては詰まらないと思っていました。
 砂浜ならまだ扱いやすいのですが、それも平凡。 人工渚だと何かしっくり来ないし、それでも平凡かなぁと…。それで、手前に見える何かを入れようと思ったら、こんな風になりました(^^ゞ。
 土手部分だけが伸びる予定だったのですが、描いているうちに渚が、紙の右端まで伸びてしまいました。確かに、思い切って途中で切る方法もあったかもしれませんね。

のび太 #- | URL
2006/10/26 00:23 | edit

お久しぶりです。でも、のび太さんの絵画はいつも拝見してますよ。
今回の絵はちょっとホームシックにかかっている(海外に来て初めての体験です。笑)私の心に光を灯してくれました。優しくてでも力強い、のび太さん特有の表現ですね。これからも期待しています!

桐葉 #- | URL
2006/10/29 20:31 | edit

>桐葉さん
 そうかホームシックなんですか?
 それでも私の絵が、少しでも桐葉さんの心を癒すことができるんなら、こんなに嬉しいことはありません。
 これからもよろしくお願いしますね。

のび太 #- | URL
2006/10/29 21:04 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://3291ahiru.blog1.fc2.com/tb.php/386-1b3d3b15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ