… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は10月19日(木)荒崎海岸(荒崎公園)」です。(10月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ少し余裕があります。)
「次回は0月20日(金)小島新田(運河)」です。(10月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

畑への道:F8ウォーターフォードW  

畑への道

 先日と同じ集落での風景です。
 ここは高台、背景には天竜川を挟んで中央アルプスの山々が見えています。
 恐らく木のトンネルを抜けた向こうは畑に通じているのでしょう。



 明日、田舎に帰ってきます。ありがとうございました。
 ほんのしばらくですがご無沙汰になります。

category: ┗ 風景07年

コメント

この場所の空気のにおいがわかるような気がします。こういう風景は、気持ちが落着きますね。
絵もいいですね。
色に迷いがなくなってしっかりしてきているような気がしますが、どうでしょうか?
この絵は写真からでしょうか?外でのスケッチにはきつい季節になってきましたね。
私は、まだ今年の絵を描けずにいます。描いてみたいと思うのですが…。ぼちぼちと、気分が乗ったら…と思っています。

ねこじゃらし #Qi8cNrCA | URL
2007/01/06 17:19 | edit

とても存在感があって、
そこに立って、眺めているような・・。
風が向こうへ抜けて
雲の流れまで感じることが出来ます。

お気をつけていらして下さいね。

みゆ #JZQ8vzH. | URL
2007/01/06 17:39 | edit

いいなあ・・・。

本当素敵な風景ですね(*^-^*)
いろんな言葉抜きにして・・・。

傀熙瑚(Keiko) #- | URL
2007/01/06 17:39 | edit

陽光に照らされた畑土、枯草などの色が実によく描かれていますね。感心します。
そして光と影が巧みに描かれていて良い絵ですねぇ。

はる #- | URL
2007/01/06 17:53 | edit

黄色と紫の使い方が凄く良いですね。
以前の青っぽい緑のモノトーンの感じから抜け出した感じがします。
ここまで、近中景が良いと、遠景の空の処理にもう一工夫欲しい気がしてきました。

気をつけて帰省してきてください。

蛸林 #hG7ZF4t. | URL
2007/01/06 19:07 | edit

>ねこじゃらしさん
 ありがとうございます。
 私の絵は残念ながら大半がデジカメ写真からです。ディスプレイ一杯に写真を写しながら、できるだけその場の雰囲気を大切にしながら描いています。
#最近は、現場で何枚か描いているので、何となく現場で描くということがわかってきたところもあるようですね。。

 もし絵が変わっているとすれば、そんなところが、絵を変化させているのかもしれませんね。絵を描く気分も何か吹っ切れてきているところがありそうですね。

のび太 #- | URL
2007/01/06 21:22 | edit

>みゆさん
 ありがとうございます。
 この先は大きな伊那谷。そんな感じが伝わってくれれば良いなぁと思っていますが…。

 明日は雪になりそう。気をつけていなかくては…(^_^)。

のび太 #- | URL
2007/01/06 21:22 | edit

>傀熙瑚(Keiko)さん
 ありがとうございます。
 傀熙瑚(Keiko)さんには、こんな風景を身近に感じてもらえそうですね。

のび太 #- | URL
2007/01/06 21:23 | edit

>はるさん
 ありがとうございます。
 そんなに細かく描いているつもりはないのですが、何となくそれらしく描くコツのようなものがわかってきたのかもしれませんね。

のび太 #- | URL
2007/01/06 21:23 | edit

>蛸林さん
 ありがとうございます。
 遠景の空、この絵の中で最も筆の遊びのままで描いているところですから確かにそうですねぇ。
 それらしく描いても良かったのですが、それではただでさえ写実的なこの絵がますます固くなるかも…なんて思ったりしたもんですから、ちょいと遊んでしまいました。
 でももう少し工夫は必要だったかもしれませんね。

 明日は雪だそうですよ。気をつけていかなくては…。

のび太 #- | URL
2007/01/06 21:24 | edit

のび太さん、
遅ればせながら、本年も宜しくお願いいたします。
素敵なふるさとの風景、色々な思いがはいり、
大切な作品になりましたね。
お母様のご冥福をお祈りいたします。

かつ子 #MAyMKToE | URL
2007/01/07 12:01 | edit

すばらしい!

のび太さん、ブログ仲間展からやってきました。といっても、ずっと以前から、このHPを拝見しています。
あまりすばらしいので、投稿してしまいました。[畑への道」、「残柿のある風景」ともに、とても印象深い絵ですね。すでに、うまいものだと、感心していましたが、さらに、一皮むけたというか、のび太さんにとっても、記念すべき作品になるのではないでしょうか?ご母堂の何事かが、啓示になったか、とも想像したりしています。
私は、少年時代、飯田線(愛知と静岡の県境あたり)の沿線に育ったせいか、伊那谷は、親和の情を感じます。

F生 #- | URL
2007/01/09 14:34 | edit

>かつ子さん
 ありがとうございます。

 たった今、田舎から帰ってきました。
 今年もよろしくお願いいたします。

のび太 #- | URL
2007/01/09 18:39 | edit

>F生さん
 いつもブログ仲間展ではお世話になっています。また、今回は過分のお言葉をありがとうございました。

 F生さんも飯田線沿線に関係がありましたか?いろいろな地域を絵にして来ましたが、伊那谷の風景を描くときは、いつもと気分が違うものがあるかもしれません。今回は、特に母のことがありましたので、そんな気持ちがいつになくあったようです。それが絵にどう反映しているのか良くわかりませんが…。

 それはさておき、今年もまたよろしくお願いします。

のび太 #- | URL
2007/01/09 18:48 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://3291ahiru.blog1.fc2.com/tb.php/427-3bda1f75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ