… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は10月19日(木)荒崎海岸(荒崎公園)」です。(10月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ少し余裕があります。)
「次回は0月20日(金)小島新田(運河)」です。(10月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

風景画教室(日比谷公園):F8ウォーターフォードW  

風景画教室(日比谷公園)

 問題の絵、「日比谷公園」の絵です。
 自分なりに何とか修正してここまで来ました。これ以上はいじっても良いことはなさそうなので、ここで終了です。

 最初は、歩道をもっと横に見るような構図で描いていました。
 そうすると、その際には気づかなかった問題としてビルの消点もありますので、消点はますます強調されて画面の外左側に向かいます。
 そのため「目線」をどこに向けるのかが問題になるということを指摘されてしまいました。つまりどのように絵のポイントに目を向けさせるかということです。そのためには最初の構図では難しいと言うことでしょう。
 絵をスタートする時は、公園らしい雰囲気を描こうというだけで漫然と始めてしまったので、相変わらず要素が盛り沢山です。
 そこでとった対応策(修正点)は次のような点です。
・少しでも消点の印象を弱めるために、構図をできる範囲で修正。
・できるだけ左側の消点を弱めるために人を配置する。
・中央の小音楽堂に消点を当てることにして、噴水の印象を弱める。

 皆が食事のために引き上げた後、(高校の親しい友人達との同期会を控えていた私は食事抜きだったので)そのまま描いていると薄日が射してきましたので、急遽、天候のイメージを変えて手前の木の陰を加えました。
#これは却って良くなかったらしい(^^ゞ。確かに…。うるさいだけで効果がない。



 昨日は、ご心配させてしまいました。あまりにも思うようにいかない自分が情けなく、苛立ってしまったようです。
 絵をやめない限り一生続くこと。焦っても仕方ありませんし、もともと難しいから面白いと思って始めた筈のことなのに…。

 友人からは、開高健の言葉らしいのですが、こんな言葉をもらいました。

 「見る、聞く、読むの、どのジャンルでも、結局のところは、想像力に訴えてくるものだけが、飽きがこないとわかる。写真よりは画、・・・・」
 「では、あらわに、むきだしに書かないで、比喩や暗示や象徴にたよればいいのかとなると、そうもいかない。作者が対象にどれだけ熱くなっているかという永遠の鉄則がここでもはたらくのだし、その燃焼をどれだけ、どうやって制御するかを作者がわきまえているか、いないかということも問題なのだし、細部が生きているかいないかということもきびしく要請されてくる。ひとくちに想像力といってもそれが発現する様相は多頭の蛇のように多方向で、不屈であり、とらえにくいのである。」


 先生にもでご心配をおかけしてしまったようで、こんなメールをいただいてしまいました。
#こんなこと書いてよいのかな?

絵を描くことは自分探しだといわれますが、まったくそのとうりだと思います。北斎のように、死の床にあっても、あと5年描けたらほんものになれる、というようにやっていきたいものですね。



 しかし、立ち直りが早いのも私の特質です。
 放電も終わり、自分に対する憂さ晴らしも出来たようです。

 皆様、本当に失礼しました。もう大丈夫です。
#本当にお騒がせブログですねぇ(^^ゞ。

category: ┗ 風景07年

tb: 0   cm: 6

コメント

おひさしぶりです
悩み多いですね(私も同様)
自分に正直になることです
何を描きたいか どう描きたいか など
考えずにどんどん描きましょう
感覚的 現代的 うつろい易いはやりです
ありとあるゆるものを描いて死の床で
北斎は何を求めたのでしょうか。。。


kitasan #- | URL
2007/01/27 11:13 | edit

こんにちは

のび太さん、
日比谷公園は、もう数年も行ってませんので
懐かしく思い出しながら見せていただきました。
立ち直りの早い、のび太さんで良かったです。
本当に不安で・・・なんて書いたらいいのかと
悩んでいました。
絵を描くことにプレッシャーも感じないで下さいね。
ありのままの、のび太さんでいて下さい。
これからも、のんびり・・・と。

ノロタン #B7q/.fmY | URL
2007/01/27 13:58 | edit

>kitasan
 ありがとうございます。
#ただ、kitasanが悩み多いなんて、とてもそうは思えませんが…。

 もっと気楽に沢山の絵を描かないと、自由闊達な筆遣いにはならないのでしょうね。それを理屈でカバーしようとするから悩みが多いのでしょう。
 仕方ありませんね。

のび太 #- | URL
2007/01/27 21:18 | edit

>ノロタンさん
 ご心配をおかけしてしまったんでしょうか?どうもありがとうございます。
 大丈夫ですよ。納得すればふっきれることですから…。
 立ち直りが早い=鈍感なんでしょう。心配するカイがないなんて思われてしまいますかねぇ(^^ゞ。

のび太 #- | URL
2007/01/27 21:24 | edit

私も色々悩んでしまうほうです。
なんだかとても励まされました!^^*

小手毬 #N2y2xK1c | URL
2007/01/29 20:14 | edit

>小手毬さん
 ありがとうございます。
 悩んでいる人が自分だけじゃないと知るだけで、少しホッとするのはどうしてでしょうね。(^_^)

のび太 #- | URL
2007/01/29 20:18 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://3291ahiru.blog1.fc2.com/tb.php/437-a416163e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ