… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」生活の日常を綴ったブログ日記です。
 絵を描き始めた頃の絵は「絵画ギャラリー」に、そして最近(2007年~)の絵は「Facebook」に展示しています。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。
 木曜日教室、金曜日教室を便宜的に分けてありますが、当面は相互に参加自由としています。
 なお7月18日からは個展のために、教室は一週間お休みです。

◆木曜教室
「次回は ◆07月26日(木)六義園」です。(7月からの詳細)

◆金曜教室
「次回は 07月27日(金)象の鼻パーク(ダイヤモンド・プリンセス)」です。(7月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

カメラ回りの環境  

カメラ回りの環境

 以前悩んで買ったデジカメは、キャノンEOSkissデジタルX(DX)。しかし、今のレンズはかなり以前に買った物なので、どうしても広角側・望遠側に不満が残っていた。そこで、カメラに詳しい(専門家と言っても良いのかな?)友人に相談したら広角側を先にした方が良いとのことで、いくつかの候補を選んでくれた。
 昨日、その中から選択したレンズと、併せて、手ぶれ対策として注文した一脚が届いた。

 レンズは「EF17-40mm F4L USM」。予想以上に大きい。フードをつけるとかなりのものである。
#上部の袋は附属のもの。
#それまで使っていたパナソニックのデジカメ(DMC-FZ5:写真下部)がやけに可愛く見える(^^ゞ。


 一脚は、「ハクバ 5段一脚 HUP-235」である。特にロック機構が簡便で良さそうである。
#基本的には、自分を撮ることもないので三脚である必要がないし、「もう少し歳をとってからの杖代わり」になることも期待できるかもしれないと思っているのだが…。

 そして先日、近くの西友内にある無印良品の店で、アウトドア・ヒップバッグを見つけ、買ってある。格好は良くないが、これなら何とかカメラや小物類も何とか身につけられる。

 こんな感じで、カメラ回りの環境が整ってきた。

category: ┗画具

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ