… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」生活の日常を綴ったブログ日記です。
 絵を描き始めた頃の絵は「絵画ギャラリー」に、そして最近(2007年~)の絵は「Facebook」に展示しています。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。
 木曜日教室、金曜日教室を便宜的に分けてありますが、当面は相互に参加自由としています。
 なお7月18日からは個展のために、教室は一週間お休みです。

◆木曜教室
「次回は ◆07月26日(木)六義園」です。(7月からの詳細)

◆金曜教室
「次回は 07月27日(金)象の鼻パーク(ダイヤモンド・プリンセス)」です。(7月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

トレバー・チェンバレンの本(その2)  

Trevor Chamberlain2

 またトレバー・チェンバレンの本を買ってしまった。
 「TREVOR CAMBERLAIN ENGLAND AND BEYOND -A Celebratin of sixty years of painting-」。彼の本ではこれが2冊目になる。
#ちょっと高かったのでどうしようか迷っていたのだが、アマゾンでついポチっとボタンを押してしまったらしい(^^ゞ。
#まあいいや。私も60歳だし…(^^ゞ。←コジツケ(^_^)


 この本は、水彩と油彩が半々くらい。どちらも同じような雰囲気を感じさせる絵になっている。
#当たり前なことだが…。

 最近は、この人の絵に惹かれるものを強く感じる。
 絵を始めた頃から考えると随分変わってきたものである。

category: ┗文献

tb: --   cm: 4

コメント

ずいぶん高価なんですね。アメリカだともっと安く手に入るのではないかと思って Amazon.com で調べたら、同じのは売ってないんです。比較になりませんでした。

絵を描き始めた頃は、どんな画家がお気に入りだったのでしょうか?多分知らないと思うので(ぜんぜん知識がありません)、教えてくだされば検索します。

和美 #5x/4IsC2 | URL
2007/04/18 14:36 | edit

>和美さん
 わざわざ検索ありがとうございます。
#でも、そちらで同じものを売っていないなんて、ちょっと不思議ですねぇ。

 私が絵を描くきっかけになったのは、奥津国道という人の絵の本を見たからです。
#お恥ずかしいですが、そのあたりは、カテゴリー「絵への思い」に書いてあります。関心があれば読んでみて下さい(^^ゞ。

のび太 #- | URL
2007/04/18 21:55 | edit

奥津国道を Google のイメージで検索したら、のび太さんのブログが出て来ました(笑)。

たしかに奥津国道の作風は、のび太さんの作風と通じる物がありますね。

和美 #5x/4IsC2 | URL
2007/04/19 01:57 | edit

>和美さん
 やっぱりそう思われますか?(悪い意味じゃなく)こんな絵なら描けるようになるかもしれない..というのがそもそものスタートでしたからねぇ。
#今は、もっと違う絵を描きたいと思うようになっていますから、絵の理想はどんどん変化していくんですね。

 今は、山形のホテルからです。

#- | URL
2007/04/19 19:02 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ