… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」生活の日常を綴ったブログ日記です。
 絵を描き始めた頃の絵は「絵画ギャラリー」に、そして最近(2007年~)の絵は「Facebook」に展示しています。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。
 木曜日教室、金曜日教室を便宜的に分けてありますが、当面は相互に参加自由としています。
 なお7月18日からは個展のために、教室は一週間お休みです。

◆木曜教室
「次回は ◆07月26日(木)六義園」です。(7月からの詳細)

◆金曜教室
「次回は 07月27日(金)象の鼻パーク(ダイヤモンド・プリンセス)」です。(7月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

風景画教室(下田港にて):F8  

風景画教室(下田港にて)

<F8:ウォータフォード>

 風景画教室で描いた最初の絵。稲生沢川の河口のまさにつけ根部分で描いたものです。(参照:地図①)

 向こうに見えるのは、下田公園への入口部分。
 実は、下田公園でアジサイを描く予定だったのですが、なかなか描く場所が決定できません。一方、上から見える町の風景、港の風景画がなかなか魅力的に見えます。そんな迷いを感じているうちに、せっかく下田に来たんだからそれらしい風景を描きたいという気持ちが強くなり、早めに山を下りて描いたというわけです。
 下絵段階では、「背景の山影や犬走り島の見える風景の一部にこの船がある」そんな風景を描くつもりだったのですが、急遽この船に焦点を絞ったというわけ。やや付け焼き刃的でした(^^ゞ。

category: ┗ 風景07年

tb: --   cm: 2

コメント

題材選びとしては正解だと思います。
のび太さんの本領発揮ですね。
水の描き方も厚みを最近感じます。
”厚み”とは水面の動きや水の深さを感じさせるという点で。

はる #- | URL
2007/06/22 10:36 | edit

>はるさん
 ありがとうございます。
 水にもいろいろな表情があって、気楽に描けるものそうでないもの等いろいろありそうです。
 おっしゃっていただけるようにいつも描ければ良いのですが、なかなかそうも行きません。まあ、ぼちぼちですね(^_^)。

のび太 #- | URL
2007/06/22 12:30 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ