… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」生活の日常を綴ったブログ日記です。
 絵を描き始めた頃の絵は「絵画ギャラリー」に、そして最近(2007年~)の絵は「Facebook」に展示しています。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。
 木曜日教室、金曜日教室を便宜的に分けてありますが、当面は相互に参加自由としています。
 なお7月18日からは個展のために、教室は一週間お休みです。

◆木曜教室
「次回は ◆07月26日(木)六義園」です。(7月からの詳細)

◆金曜教室
「次回は 07月27日(金)象の鼻パーク(ダイヤモンド・プリンセス)」です。(7月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

文献「The Watercolors of John Singer Sargent」  

 John Singer Sargent。つい先日、「美の巨人たち」で放送していたし、絵の仲間たちの話題にも出てきていたので、気になっていた。
 それで、先の本と同じく、これも発注してしまっていたのだが、それがさっき届いた(^^ゞ。それがこの本「The Watercolors of John Singer Sargent」

 ちょっと開いてみたのだが唖然とするばかり。肖像画家と言われていたくらいだし人物の巧さはわかっていたので、それ以外のものを…ということでこの本を買った。それは間違ってはいなかったのだが、ここで見る風景画も巧いなんてもんじゃない。巧すぎる。
 フランスで肖像を描いていた頃も、早描きの画家と言われていたらしいが、流れるような筆使い。自在な色彩。このレベルになると参考にできそうなところなんて見あたらないし、真似しようなんて気にもならない。
 とんでもない本を買ってしまった、というところか(^^ゞ。

category: ┗文献

tb: --   cm: 4

コメント

『カーネーション、リリー、リリー、ローズ』

この人は、やはりコスモポリタンが必ず陥る。と、言う、アイデンティティーに苦労していますから、それを一番自分が信じるものにぶつけたのでしょうね・・・。

それが一番分かるのが『カーネーション、リリー、リリー、ローズ』だと思います。
リアリティーを追求し、その季節、その時間帯にキャンバスに向かい、この絵を仕上げたと言います。
モチーフがユリと提灯。と言うやけに日本的なものですが、いろいろな国を見てきたせいか、すんなり画面にはまっています。

とは言え、どう見てもアメリカ人の絵と分かるのは面白いですよね(^m^)

傀熙瑚(Keiko) #- | URL
2007/08/02 01:01 | edit

>傀熙瑚(Keiko)さん

 表題の絵、WEBからDLした画像を見てみました。不思議な雰囲気の絵ですね。
 私には絵の評価はなかなかできませんが、イタリアで生まれ、ヨーロッパ各地で過ごし、フランスで名声を得て、イギリスへ行けばフランス的な絵だと評され…、それでもアメリカ人の絵だとわかる…、それも不思議なものですねぇ。

のび太 #- | URL
2007/08/02 12:41 | edit

たしかにサージェントの絵は . . .

真似しようという気になれない絵です。油絵の肖像画しかほとんど知らないとき、ある本にたくさん見た事のない水彩画があって、そのうまさにショックを受けました。あまり水彩を見ないので比較できないのですが、普通の上手というのと違いますよね。本を買わなかったのが残念です。

わが家にも1冊油絵、水彩の載った本があるので取り出してみたら、買っただけで良く見ていなかったようです。じっくり見ていると、じわっと上手く描けるようになるでしょうか(笑)。

和美 #5x/4IsC2 | URL
2007/08/11 06:14 | edit

>和美さん

 和美さんもやっぱり同じような印象を持ったようですね。
 じっと見ているとうまく描けるようになる…、良いですねぇ。そうしましょう(^_^)。

のび太 #- | URL
2007/08/11 12:44 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ