… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」生活の日常を綴ったブログ日記です。
 絵を描き始めた頃の絵は「絵画ギャラリー」に、そして最近(2007年~)の絵は「Facebook」に展示しています。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。
 木曜日教室、金曜日教室を便宜的に分けてありますが、当面は相互に参加自由としています。
 なお7月18日からは個展のために、教室は一週間お休みです。

◆木曜教室
「次回は ◆07月26日(木)六義園」です。(7月からの詳細)

◆金曜教室
「次回は 07月27日(金)象の鼻パーク(ダイヤモンド・プリンセス)」です。(7月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

文献「アメリカの水彩アート」  

 先日注文した本「アメリカの水彩アート」。届いたのは良いがどう評価できるだろう…。
 1996年発行の本だからもう10年以上も前のもの。ただ、「アメリカ水彩画協会の主催したコンクールに応募された作品から、特に優れた珠玉の200点を掲載。」とあるので、力がある人なら、アメリカ水彩画協会における絵の傾向や水準等の概要がわかるのだろうか?
 でも掲載されている絵は、それこそ多種多様、千差万別、…。どれもすばらしい絵である。それこそ水彩画のあらゆる可能性を感じとることはできる…。そんな感じである。
 もっと時間をかけて、一つ一つじっくり見ていく方が良いんだろう。

#ところで、あの時、勢いにまかせて注文したのはこれだけだったかな?(^^ゞ

category: ┗文献

tb: --   cm: 2

コメント

私達 公募展の団体にいる女性の中には
アメリカの、あるいは国内の透明水彩画家の絵の手法を一部真似て 描いたりします。

大先生が 「これはアメリカの水彩画の描き方だな。 アメリカの水彩画は 一見すると良いが 二見、三見すると 
駄目なんだ」とおっしゃいました。

その意味を ず~と考えています。
もちろん 好き好きですから 正解はないよね。

でも どう駄目なのか 知りたい。

kimiko #CwLz6KLQ | URL
2007/08/03 21:56 | edit

>kimikoさん

 コメントにお返しするのはもう3回目だと思う。どうして反映されないんだろう。

 それはそれとして、興味深いお話しありがとうございます。
 つまりその大先生はアメリカの水彩画をあまり評価されていないんですね。
 この本だけを見ても千差万別なんだと思いますが、その中にアメリカ的な傾向を見出すのも大変ですが、どうしてダメなんでしょうねぇ。私も知りたいですね。

 まあ、そんなことを考えながら、この本を見てみたいと思いますが…。

のび太 #- | URL
2007/08/05 20:22 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ