… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は10月19日(木)荒崎海岸(荒崎公園)」です。(10月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ少し余裕があります。)
「次回は0月20日(金)小島新田(運河)」です。(10月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

60号パネルの材料の買い出し  

60号パネル

 いよいよ大判として60号×2枚を描くことを決めたが、そのパネルを作ろうとするとどうも効率が悪い。無駄を出さないようにしようとすると上図のようなカットが必要になるが、仕方ない。今回は最初から60号サイズで作ることにした。
 材料費は以下のとおり。
・シナベニヤ2.5mm厚(これで良いと割り切ったが…4mmにしておけば
良かったかも。ただ桟が入るので多分大丈夫だと思うが…。)2枚。¥2,160-
・ラワン角材(25mm×25mm)8本。¥5,600-
・カット代 ¥80-
<合計 ¥7,840->

#これらの材料だけでは、角材などもやや寸法が不足する。
#美しく作るには、左側の部材と十分な本数の角材でつくるべきだが、それではもったいない。
#右側の半端材を使ったものでも、角材を継ぎ足したりしてできないことはない。




 このところドタバタ続きでした。
 木曜日朝家を出る時、丁度水道の検針があって大きな漏水があることが判明。ところが私は展覧会回りの予定で外出。水道屋さんに頼んでも翌日にならないと来れないとのこと。対策は、元栓を閉めておくだけ。
 金曜日、床下の漏水のようなので簡単には漏水箇所が特定できない。ようやく床下点検口をつけて怪しいところの目星をつけただけ。
 土曜日は、姪の結婚式で外出なので家の中に入ってもらえない。やむを得ず、外から怪しい箇所をチェックしつつ漏水のブロックの水を止めてもらうのが精一杯。帰宅したら、漏水は止まっていたが洗面所や浴室の一角の水が出ない。実は、ここからの漏水が一番面倒なことになると恐れていたのだが…。
 日曜日、休日なのにわざわざ来てくれて、外部から浴室のボイラーに直結してくれ、何とか生活できるようにはなった。そして、その後の修理方針にも目処がついたが、やはり洗面所の床を剥がして水道管のつなぎ直しをしなければいけない。これには少し時間がかかりそう。
 古い家はこういうところが厄介ですね。

 来週も漏水工事の立ち会い他、何かと外出できない予定があったので、それなら家でパネルを作ってしまおうと、本日、その材料を買ってきたというわけです。
 さて、どうなりますか…?

category: ┗画具

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ