… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は08月17日(木)子安運河」です。(7月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ余裕があります。)
「次回は08月18日(金)戸塚区民文化センター(皆で同じ風景を描く)」です。(7月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

風景画教室(国立近代美術館工芸館):F10  

風景画教室(国立近代美術館工芸館):F10

<F10:ストラスモア>

 風景画教室は先週と同じ千鳥ヶ淵(正確には竹橋と言った方が良いかも)。先週より、ソメイヨシノの開花が進んでいます。こういう中で絵を描いていると本当に気持ちが良いものですね。
 先週、この場所は、どこかの絵画教室が開かれていて、大勢の人々が同じ建物を描いていたところです。「建物」を良く描くのび太としては見逃せないポイントだったので真っ先に行ってみたのですが、幸い誰もいません。そこで、迷わずここで描くことにしたでのすが殆ど独占状態で描いていました。
 この建物は、正確には「国立近代美術館工芸館」というもののようです。本当なら、この前面の広場はもっと広く確保していて欲しいところなんですが、道路最優先の東京の都市計画ではそんな配慮はしてくれません。高速道路が建物の前面を横断していて、良い場所を確保することはなかなかむずかしいのです。

 紙は、早く使い切ってしまいたいというわけでストラスモア。それでも大分、この紙にも慣れたかもしれません。

風景画教室(国立近代美術館工芸館):

 いつものように小さな下絵にも着彩してみました。
#こんなタッチで行ければ比較的短時間でスケッチも描けそうだ。
 紙は、今回から、「ミューズ・タッチB6、20シート」というもの。この紙はのり付け綴じなので見開き・パノラマがちゃんと描けるのも良いところと思って購入したものです。描いている感触も悪くはありません。それに、このサイズなら写真店で安く売っているキャビネ版の額縁にそのまま納まるはず。そんなところも購入の理由でした。

category: ┗ 風景08年

tb: --   cm: 4

コメント

春爛漫の絵ですね。
やはりスケッチがベースになっているt絵は迫力がありますね。
空の描写も共感が持てます。
外壁の色も陽光に照らされ感じを出すべく明るく描写されていますね。
桜花を取り込んだ良い構図になっていますね。
描画ポイントにも苦心されたものと思います。

はると #- | URL
2008/04/04 18:19 | edit

>はるさん

 そうですね。
 春真っ盛りの感じが出ていれば、この絵はそれで良いのかな?なんて気楽に描いています。

 後は、全てご指摘のとおりですね(^_^)。もう付け足す言葉がありません(^^ゞ。

のび太 #- | URL
2008/04/05 00:48 | edit

花と工芸館

花の中の工芸館!
のび太さんの択ばれるモチーフの素晴らしさ。そして、水彩の洗練された筆さばき。感嘆するばかりです。

ところで、ここではF10の大きさの絵をブログに鮮明に載せておられますが、どのような方法で・・・?
私の場合複合機のサイズより大きいとか、写真でとったものはどうしても暗くなるのですが。

kino #- | URL
2008/04/05 12:02 | edit

>kinoさん

 ありがとうございます。

 F10の扱いについてですが、実は私の所有しているスキャナーはA3サイズまで可能なものです。ですから、絵の左右をそれぞれ別々にスキャニングして、キャノンのデジカメを買ったときに付属の画像合成ソフトを使って合成しています。
 この方法ですと、F10横の上下が入りきらないのですが、適宜カットしてアップしています。

のび太 #- | URL
2008/04/05 21:52 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ