… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は10月19日(木)荒崎海岸(荒崎公園)」です。(10月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ少し余裕があります。)
「次回は0月20日(金)小島新田(運河)」です。(10月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

浚渫船:F4  

浚渫船:F4

<F4:ウォータオフォード>

 この春は、満開の桜にいろいろ立ち会ってみたいものだと、できるだけいろいろなところに足を伸ばしているのですが…。
 先日、その一つ、横浜の山手地区(洋館の通り)に出掛けてみました。
#その絵はこれから予定はしているのですが…。
 そこにはいつも気になっていた風景があります。それがこれです。
 ここは、横浜元町商店街の裏を流れる中村川。
 恐らく浚渫船だと思うのですが、いつ見ても同じような様子。動いているのを見たことがありません。
 まあ、それはそれとして、描いてしまわないと気が済まないので、こちらを先行させて描いてみたというわけです(^_^)。

category: ┗ 風景08年

tb: --   cm: 4

コメント

やはりのび太さんの絵は水面と水面に映ったた空の描写に特色があるのではないでしょうか。
構図や造形、配色はそのための手段、とでも言いたくなるものを感じますね。
そのことがいつもボクを惹き付けます。

はると #- | URL
2008/04/05 09:51 | edit

>はるさん

 う~ん。そこまで意識したことはなかったんですが…。
 最近意識していることは、描きたいものがあったとき、それはなぜか?って考えると、やはり対象だけじゃないんですよね。
 私にとっては光や水面が脇役?の大きな要素の一つなんですが、それをどう入れたら一番この雰囲気を描けるか…。そんなところがスタートになっているような気がします。

のび太 #- | URL
2008/04/05 11:05 | edit

おじゃましまーす。

のび太さん、この絵すごーい好き。海とか船が好きなのもあるけど、ちょっとくたびれた船を優しく見てる感じがとってもいいです。
どうもありがとう。

にし #- | URL
2008/04/11 23:17 | edit

>にしさん

 いらっしゃい。コメントありがとうございます。

 また、たまには覗いて下さいね。

のび太 #- | URL
2008/04/11 23:50 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ