… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は08月17日(木)子安運河」です。(7月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ余裕があります。)
「次回は08月18日(金)戸塚区民文化センター(皆で同じ風景を描く)」です。(7月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

中欧の旅(9日目):ブダペスト:F0  

 旅の9日目は、もう帰国の飛行機に乗らなければならない日です。ヨーロッパの場合、日付変更線の関係で、往路は何だか得したような気になるのですが、復路は2日間を費やすような感じで、何だかとても損をしたような気になります(^^ゞ。
 ともかく、この日は、午後3時まで自由行動。
 オプション観光の最初の目的地、国会議事堂までバスで送ってもらって、そこで皆と別れた後、市内散策の旅に出掛けました。集合は、午後3時、インターコンチネンタル・ホテルです。

 前日は、多分10Km以上歩いていたので、この日は、ドナウ川沿いにぶらぶら歩くことを中心にして気楽に街を楽しむことにしました。
 まず最初のここは、ドナウ川沿岸のベンチで描いたスケッチ2枚。同じ場所からちょっと向きを変えて描いたもの。 

 このスケッチブック、着彩の段階では意外と水を弾いて絵の具の溜まりをつくるので、あまり無理しないでそれに沿った着彩をしてみました。
#新しい実験のつもりです。
ブダペスト・ドナウ河岸にて01:F0

ブダペスト・ドナウ河岸にて02:F0


 なお、旅行記は、9日目・10日目を一緒にまとめています。こちらです。

category: ┗ ポストカード01

tb: --   cm: 2

コメント

実験的な試みは、現代イギリス水彩画家にみられるタッチの新鮮さ、自由な筆使い、素直な制作態度に共通するものがあります。日本ではまだ少数派かもしれませんが頑張ってください。

chu #- | URL
2008/05/31 08:20 | edit

>CHUさん

 ありがとうございます。

 もっとも実験と言っても大したことを考えているわけではないので、そんな風に言われてしまうと、どこか穴を見つけたくなります(^_^)。

のび太 #- | URL
2008/06/02 10:12 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ