… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は08月17日(木)子安運河」です。(7月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ余裕があります。)
「次回は08月18日(金)戸塚区民文化センター(皆で同じ風景を描く)」です。(7月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

ポツダム・サンスーシ宮殿にて:F8  

ポツダム・サンスーシ宮殿にて:F8

<F8:セヌリエ>

 昨日の続きで、何とか描き上げたものの何だかあまり面白くないですねぇ…(^^ゞ。それにいじりすぎたかも。
 この絵が特に難しかったのは、影と黒ずんだ汚れ(歴史的な蓄積とも考えられるのですが)をどう描いたら良いのか、というところでしょうか?

 ここは、やはりサンスーシ宮殿内(敷地内)の建物です。
 先日の宮殿裏の半円の列柱のある車寄せを回ったところです。
#なぜか、この右の石垣の上にはオランダの風車のようなものがあったりするのですが…。
#ここを左側に入っていくとサンスーシ宮殿が見えてきます。

 現場で見た案内地図によれば、「Neue Kammern」とあるようです。昔使った独和辞典から類推するときっと「新しく造った小規模な別宮殿」のようなものなんでしょう。
 参考のために…「案内地図」はこちらです(宮殿は地図の右の方です)。
#それにしても、ここはサンスーシ公園となっていて、公開されているようです。うらやましいですねぇ。

category: ┗ 風景08年

tb: --   cm: 6

コメント

両脇が締まると絵も締まりますね。正面の丸い屋根の銅色の輝きが見事です。こういう絵が自家薬籠中のものになってきましたね。

ふたば #vyMRz6gE | URL
2008/07/01 16:42 | edit

>ふたばさん

 ありがとうございます。それにしても早!

 この絵は、まさにそこに惹かれて描いたようなものですね。上手く行っていれば良いんですが…。

のび太 #- | URL
2008/07/01 17:32 | edit

サンスーシー宮殿

ますます<うまく>なっていきますねえ。
デッサンは確かだし、コチョコチョ描いてあるわけでもないのに、細部まで神経が行き届いている、と思いました。

だけどこの絵が<イイ絵>かどうかあるいは<好きな絵>かどうかということになると、対象がエキゾチックすぎて、ひとによって意見がわかれるかもしれない、などと思ったりしました。

F生 #- | URL
2008/07/02 18:37 | edit

>F生さん

 いつもありがとうございます。
 この絵は、(左の木など)割合チョコチョコやり過ぎた傾向があるんですけど…まあそう見てもらえれば嬉しいんですが。

 確かに、こういう雰囲気の絵は、現地を同じような感情で見た人間でないと感じられない特殊な状況の絵かもしれませんね。
 誰もが美しいと感動するような特殊な状況の絵を描きたいとはあまり思いませんが、こういう状況の絵については、独りよがりにならないに注意が必要ですね。

のび太 #- | URL
2008/07/02 22:35 | edit

「対象によって意見がわかれる」とは、すべての絵に共通することで気にすることはありません。
日本には「道」だけ描いて名作といわれる絵が何点かありますが、「好きな絵」か? と聞かれれば意見はわかれるものです。

chu #- | URL
2008/07/03 07:19 | edit

>CHUさん

 ありがとうございます。

 なるほど。まあ、自分が納得できる絵を描くのが一番ってことですね。
 そのうちいつか、賛否両論といった評価の分かれる絵も描いてみたいものですね。まず、そのレベルに到達しないと話しになりませんが…。

のび太 #- | URL
2008/07/03 08:22 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ