… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」生活の日常を綴ったブログ日記です。
 絵を描き始めた頃の絵は「絵画ギャラリー」に、そして最近(2007年~)の絵は「Facebook」に展示しています。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。
 木曜日教室、金曜日教室を便宜的に分けてありますが、当面は相互に参加自由としています。
 なお7月18日からは個展のために、教室は一週間お休みです。

◆木曜教室
「次回は ◆07月26日(木)六義園」です。(7月からの詳細)

◆金曜教室
「次回は 07月27日(金)象の鼻パーク(ダイヤモンド・プリンセス)」です。(7月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

東ドイツの農村風景01:SM  

東ドイツの農村風景:SM
<SM:ウォーターフォード>

 東ドイツの農村風景もなかなか気持ちの良いものです。
 ここはドレスデンへ向かう道筋、バスの中から撮ったスナップ写真からのスケッチです。

 割り箸ペン。なかなか面白くもあり難しくもあり…です。
 割り箸の形は概ね決まりましたが、インクは、後で着彩を考えると耐水性のあるものにしたいものです。そこで使ったインクが「プラチナ・カーボンインク・ブラック」「コミック用インク耐水性」の二種。前者には超微粒子との文字も入っているので、万年筆等にも使えるんじゃないかと、デコペンに使っていたものです。使い勝手から言えば明らかに前者です。後者は、描く前に良く振る必要がありますし、それでも時折インクがぼてっとします。この絵の右上の遠景の樹木などのように…。
 紙は、今回は専用の水彩紙にしてみました。ペン画がざらつきます(これは好みでしょうが)が、色の乗りはやはり違います。安心して着彩できます。
 では、割り箸ペンで描く風景はどうでしょうか?都会的な風景や船のようなものにはペン描きでもそのまま描けそうな気がするのですが、こういう樹木風景はどうでしょうかねぇ。ちょっと迷ってしまいます。

 割り箸スケッチ、もう少し続きそうです(*^_^*)。

category: ┗ 風景スケッチ01

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ