… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は08月24日(木)戸塚区民文化センター(皆で同じ風景を描く)」です。(7月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ余裕があります。)
「次回は08月25日(金)戸塚区民文化センター(各自の望みの風景を描く)」です。(7月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

30号、40号パネルの完成  

パネルの裏面 パネルの表面
 今日は朝から雨。こんな日は作業に適しています。
 昨日から、パネルづくりに精を出していましたが、ようやく完成しました。こんな感じの30号と40号パネル、各々2枚ずつです。パネルづくりも慣れてきて、だんだん手際良くなってきたようです(^^ゞ。
 総額¥13,000-は決して安いとは言えませんが、端材や工作のための消耗品が残ったことで良しとしましょう。

 左側の写真が40号サイズのパネルの裏面です。2つのパーツをC型クランプで合体させてFサイズとしているところ。
#C型クランプは念のため3つ使っています。絵を描いている時はこれが必要ですが、額装する時にはこれが不要になる筈です。
#ちなみに、この状態で十分な強度が確保されていると思います。


 右側の写真はその表面を見たところです。
#わざわざペンキを塗っているのは、ア)紙に木の色が移らないように… イ)水貼りに対する耐水性を考慮しているからです。
#合板は木目が整合するように考えています。ペンキを塗っているので意味がないんですけどね(^^ゞ。
#釘は全てステンレス製の木ねじです。


奮闘した我が手
 本日、この仕事を終えた直後の私の手です(*^_^*)。
 奮闘の状況を感じてもらえましょうか?(^^ゞ

 こんな調子で標準の額がないというMサイズの額装もしてしまうことになるんでしょうか…?

category: ┗画具

tb: --   cm: 5

コメント

いつも幼稚な質問ですみません。
このパネルに40号の紙を乗せて水貼りをし、乾いたら絵具を乗せるのですか?
40号などという大きな紙はどこでどうやって買うのですか?1枚ずつバラですか、それとも何かロール紙のようなものですか?
私が描いたのは最大で10号なので、それ以上大きい紙の扱い方が全くわかりません。

ふたば #vyMRz6gE | URL
2008/10/25 06:13 | edit

>ふたばさん

 ご質問の件です。

 このパネルに紙を水貼りをして描くことになります。水貼りをしてからでないと、紙がブカブカしてしまってとても描いていられないと思います。
 紙のサイズ他、技術的なことの大半は、「水彩画廊:長谷川隆の風景水彩画ギャラリー」の「水彩画講座」で学んだものです。紙にはさらに全紙、半紙…等の呼び方でばら売りされているものもありますし、和紙などはまた別のサイズがあるようです。
 しかし、大判になるとロール紙からでしかとれないんじゃないかと思います。私の場合にはアルシュですが、ネット店舗を検索して買いました(持って帰るのさえ大変ですから…)。例えば「アルシュ ロール紙」などで検索してもらえればすぐに見つかります。アルシュの場合で巾113㎝×9.15mなんてサイズのようですから、使い切るには相当覚悟がいります。アルシュの場合には内側が表になっているようです(他は知りませんが、多分同じじゃないかと…)。
 なお、20号以上の紙に描く場合には、固形絵の具では厳しいでしょう。チューブ入り絵の具をお薦めします。

のび太 #- | URL
2008/10/25 09:00 | edit

のび太さん、ありがとうございました。10号よりも大きい紙に挑戦するときは、準備の段階から相当な覚悟が要りそうですね。たいへん勉強になりました。自分でも色々調べるつもりですが、またよろしくお願いします。

ふたば #vyMRz6gE | URL
2008/10/25 10:11 | edit

>ふたばさん

 例えば、「全紙」を使ってみると様子がわかるかもしれませんよ。
 いずれにしても、水貼りをした場合とそうでない場合には、明らかに違いが出てくると思います。

のび太 #- | URL
2008/10/25 10:18 | edit

のび太さん、たびたびありがとうございます。
ネットで検索した、長谷川隆先生の「風景水彩画ギャラリー」に基本的なことが色々書いてあるので、今それを読んでいます。ありがとうございました。

ふたば #vyMRz6gE | URL
2008/10/25 10:33 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ