FC2ブログ

 … 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」生活の日常を綴ったブログ日記です。
 絵を描き始めた頃の絵は「絵画ギャラリー」に、そして最近(2007年~)の絵は「Facebook」に展示しています。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。
 木曜日教室、金曜日教室を便宜的に分けてありますが、当面は相互に参加自由としています。

 新たに「通信講座(四季彩の会掲示板)」を始めました。その概要はこちらです。

◆木曜教室
 04月22日(木)公会堂1号13:00~(共通:清水寺)(04月からの日程)
■金曜教室
 04月23日(金)山手234番館周辺(04月からの日程)

▼遊彩会(火曜日)  まだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

 

大判サイズの絵の描き方  

 要望がありましたので、標記について、私なりに考えたこと、思っていることを書いてみようと思います。
#あくまでも、(透明)水彩の場合とお考え下さい。
#また、私は、大判と行っても60号を2枚しか書いたことがないので、もっと適切な方法があると思います。そのつもりで読んで下さいね。


◆パネルの作成
・水貼りの紙の張力で枠が歪むことを心配したのですが、意外と問題無さそうです。
・私の場合、60号以上は5.5mm厚のベニヤを使いましたが、十分すぎるくらいだと思います。40号では周囲の枠のみで4mm厚のベニヤを使いましたが、全く問題ありませんでした。
・パネルには白ペンキを塗っておいた方が、水貼りの際に紙に木の色が移るといったトラブルがないと思いますし、長持ちもするでしょう。

◆水貼り
・紙はアルシュのロール紙300gを使っています。水貼りをちゃんとするなら300gでなくても良いかもしれませんが、経験のない私には何とも言えません。
・通常は裏面にタップリ水をつけておき、十分柔らかくなったところでホッチキス(工事用のホッチキス ガンタッカー)で周囲を枠に留めていきます。水がビタビタ垂れてきますし、これが一苦労の作業になります。ホッチキス ガンタッカーはホームセンターで買う方が価格的に有利なようです。
・タップリ水をつけておかないと、絵の具を使う際に波打ってしまうことになりますし、逆に、あまり水に濡らした紙を引っ張りすぎると破れることもありますので注意が必要です。どの程度が良いのか、これには慣れも必要かもしれません。

◆下絵
・下絵なしで…という人もいるかもしれませんが、私は、どんな絵でも(あたりだけのこともありますが)一応は鉛筆で描きます。今は3mm芯のものを使っています。
・私の場合、60号を描いた時は縦横10分割程度の格子(メッシュ)を描いておき、F4で描いた元絵を移しました。具象画で特に遠近感が重要だと考える人はメッシュが必要な気がします。というのは、60号くらいだと全体を見ながら下絵を描けないので遠近のバランスがとれないとか、縦横の線すら思うように引けないという羽目に陥るということが実感できたからです。なお、40号くらいのサイズですと、そのまま下絵を書いていくことができました。
・下絵を描き終わったら、笹川弘三さんのようにたっぷり水をつけて浮いてきた黒鉛をティッシュで吸い取るという人もいますが、私は、練り消しを棒状にして絵の上で転がすという方法です。永山裕子さんがそうしていました。

◆着彩(下塗り)
・小さな絵との大きな違いは、一筆で色が決定しきれないということでしょう。
・滲み、ぼかし等の手法が、小サイズでは比較的自由にできても、大きなサイズでは例えハケを使っても難しいと思います。私の場合には、何度も重ね塗りをすることもあります。
・皿で絵の具を溶いているという人がいる(その方が多いかも)とも聞きますが、私の場合には、せいぜい5cmくらいの巾のハケです。それでパレットの絵の具を適当にとって塗っていきますから、とても大面積を一気に…というわけにはいきません。私の場合には、一応ハケでベースになる色を決めて下塗り感覚でまず塗っていく方法が良いようです。http://3291ahiru.blog1.fc2.com/blog-date-20081116.htmlは、このあたりの例です。下塗りだと割り切れば、もっと大ざっぱな塗り方でも良さそうですね。
・ちなみに、笹川弘三さんは、絵のベースになる色調を決めたら、それで最初に大面積の下塗りをしているようです。もちろん不要なところは色を吸い取っておくわけですが…。

◆着彩(思案中)
・大きな絵で特に水彩の場合には、どうしても説明的になりがちです。できるだけ大きな筆で、細部に拘りすぎることなく思い切った筆遣いで描きたいとは思っているのですが…。
・また、本当に描きたいものと雰囲気を伝えたいものなどの描き分けなど、絵のメリハリをつけていきたいと思っているのですが、このあたりは思案中、試行中です。
・いずれにしても、小さな絵は近くで見るし、大きな絵は離れて見ることになります。スーパー・リアリズムを狙わない限り、大きな絵はそれだけラフに表現しても良いわけですし、その方が絵として魅力的なものになるような気がしているのです。

 とりあえず、今日はこんなところで…。

category: ┗技法

tb: --   cm: 5

コメント

ウーン、やっぱりすごい。小さい絵とは出だしから違いますね。ガンタッカーまで用意するんですか。なんか気持ちの持ち方からして違いますね。さあ、これからやるぞー、みたいな意気込みがないとできませんね。
こうやって説明していただけるのは嬉しいのですが、のび太さんの制作の妨げにならなければいいがと、少し心配です。
私は、先日、東急ハンズで四つ切を買ってきました。何を描こうか思案中です。このくらいのサイズなら、パネルは不要ですよね。

ふたば #vyMRz6gE | URL
2008/11/18 08:21 | edit

>ふたばさん

 ブログは気晴らしですから、絵を描く妨げにはならないようにしていますので、ご心配の件はないと思いますよ(^_^)。

 四つ切り(額)ですと、水彩紙ではF6サイズ。通常は、F4にマットをつけて額装します。このくらいのサイズだと、私はブロック紙(周囲がのり付けされているもので、描いた後剥がしていく。)を使います。ブロック紙が最も使いやすいサイズだと思いますよ。

のび太 #- | URL
2008/11/18 09:41 | edit

私もブロック紙が欲しかったのですが、新宿の東急ハンズでは扱っていないということで、店員さんの薦めに従って、四つ切りを買ったのですが、今、測ってみたら、39.5cmx55.0cmありました。Fサイズでいうと、10号と12号の間みたいな感じです。

ふたば #vyMRz6gE | URL
2008/11/18 10:27 | edit

>ふたばさん

 そうでしたか?
 新宿だと世界堂の本店が良かったかもしれませんね。
 そのくらいの大きさのカット紙でしたら、ベニヤ板でも良いので、是非、水貼りをして描いてみて下さい。何より描きやすいし、描いた後もピシッとしていき気持ちが良いですよ。

のび太 #- | URL
2008/11/18 11:48 | edit

のび太さん、ありがとうございます。そのやり方でやってみます。

ふたば #vyMRz6gE | URL
2008/11/18 14:07 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ