FC2ブログ

 … 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」生活の日常を綴ったブログ日記です。
 絵を描き始めた頃の絵は「絵画ギャラリー」に、そして最近(2007年~)の絵は「Facebook」に展示しています。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。
 木曜日教室、金曜日教室を便宜的に分けてありますが、当面は相互に参加自由としています。

 新たに「通信講座(四季彩の会掲示板)」を始めました。その概要はこちらです。

◆木曜教室
 03月04日(木)公会堂1号13:00~(各自)(01月からの日程)
■金曜教室
 03月12日(金)多目的S10:00~(共通)(01月からの日程)

▼遊彩会(火曜日)  まだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

 

カメラの三脚をイーゼルに使う  

カメラの三脚をイーゼルに使う

 現在、私が教室などで使っているお絵かき用のイーゼルは、昔使っていたカメラの三脚から雲台を取り払って、お絵かき専用にしてしまっているものである。
 もちろん、今のままでも快適に使えているが、今後、もっと楽に持ち運べる環境づくりを考えると、一般の三脚や、あるいは一脚でも使えるようにしておきたいと思っている。特に、旅行などでは、軽く、短い三脚にしたいものである。
 そこで、一般の三脚のネジをもう少し長くして、お絵かき用のイーゼルに転用するための方法を考えてみた。
#実は、既に手作りした物があるのですが、あまり納得していなかったのです。

 今日のところは、部品が不足して完成できなかったが、いずれこれを完成させて、日常使用することになると思う。
 なお、私が考えている部品は、エツミのこのページのものである

【案1】
 これは、細工が大変だったり、固定の仕方などが難しかったりするんじゃないかと思う。それに、この方法では、画板と三脚の回展角度を自由に設定することができない。
 それに何より、私にはすでに使っているお絵かきセットがあるので、この方法は考えない。

【案2】
 日常的に使っている「お絵描きセット(基本セット)」には、この方法がふさわしいと思う。60mm径の円盤2枚で板を挟み込む(サンドイッチする)形になるので、強力に固定できる筈である。
 特に細工が必要なのは、径1/4インチの棒鋼をカットするところだろう。でもホームセンターにこの棒鋼は売っているし、鋼材用のノコギリもあるからどうにでもなる。
#今は、暫定的に他のカメラ部品から取り外した32mm径の止め具(上部の円盤)を使っているが、径が小さいのでなかなか止めにくい。大きい方が良いに決まっている。
 うまくいけば、現在、画板の支えに使っている他の部品がなくても済むかもしれない。そうなれば、もっと自由に画板を扱うこともできそうである。

【案3】
 「携帯用お絵かきセット」の場合、この方法が良さそうである。
 60mm径と24mm径の円盤で挟み込む形になるので、これも結構強いと思う。
 小さな板を使う場合には、雲形で自由な角度に設定できるかもしれない。
#それに考えてみたら、案3だけ単独で使うことを考えるなら、E-522の頭を切ったりしなくても、そのままE-6155との組合せだけで使える。

 これが完成すれば、一脚の場合でも、ちょっとした支えさえあれば何とかなりそうである。
 場合によっては、案2の場合でも、一脚で使えるようにできるかもしれないと期待している。
#そのうち、本当に基本セットを使って一脚で描いてみるかなぁ(^^ゞ。

三脚用部品  ということで、購入したり加工したりした部品です。

category: ┗画具

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ