… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」生活の日常を綴ったブログ日記です。
 絵を描き始めた頃の絵は「絵画ギャラリー」に、そして最近(2007年~)の絵は「Facebook」に展示しています。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。
 木曜日教室、金曜日教室を便宜的に分けてありますが、当面は相互に参加自由としています。
 なお7月18日からは個展のために、教室は一週間お休みです。

◆木曜教室
「次回は ◆07月26日(木)六義園」です。(7月からの詳細)

◆金曜教室
「次回は 07月27日(金)象の鼻パーク(ダイヤモンド・プリンセス)」です。(7月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

マルタ・スリー・シティーズ(ヴィットリオーザ2):SM  

マルタ・スリー・シティーズ(ヴィットリオーザ2):SM
<SM:ウォーターフォード>

 ここもマルタ。スリーシティーズの一つヴィットリオーザです。

 水彩連盟展向けの絵を描いていると、今回はそれほど根を詰めて描いていたわけではないのですが、何となく息が詰まってくるような感じがしないでもありません(^^ゞ。

 それで今回は、気楽なスケッチ気分で描いてみました。
 同行した仲間もそれぞれ写真を撮っていた道路端の風景です。今回はさっぱり描いてみました。

#こういう絵って、気楽で良いですねぇ(*^_^*)。

category: ┗ 風景スケッチ01

tb: --   cm: 4

コメント

この低いところからのアングル、いいですねえ。
塗りもソフトなところが気に入りました。
こういう絵は大作の公募展向きということにはならないんでしょうね。

F生 #- | URL
2009/03/13 19:16 | edit

>F生さん

 ありがとうございます。
 ここはたまたま馬の背のようなところだったんですね。だから意識的にそういう低いアングルを選んだわけではないのですが、そんな風に見えています。
 公募展にはこういう絵ではだめだということ、今回、改めて認識しました。こういう絵はスケッチに留めておくしかないんでしょうね。
#F生さんの絵の方がむしろ公募展向きですよ。

のび太 #- | URL
2009/03/13 20:00 | edit

公募展

私はもう老いぼれですから、大作を描いて公募展に出そうなんて気はありません。その点、のび太さんはお元気そうだし、実力がおありの上、何より旺盛な向上心をおもちですので、大いに期待すること切です。

F生 #- | URL
2009/03/13 22:03 | edit

>F生さん

 おいぼれだなんて…とんでもありません(^_^)。

 実は私も、公募展なんていうのは、別の世界の話しだと思っていました。先生に薦められて始めてしまったものの、今の歳から始めても何かを達成するには遅すぎるような気がするのです。それだったら、何の意味があるんだろう…なんていつも思っているのですが…。

のび太 #- | URL
2009/03/13 23:11 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ