… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は08月17日(木)子安運河」です。(7月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ余裕があります。)
「次回は08月18日(金)戸塚区民文化センター(皆で同じ風景を描く)」です。(7月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

2009年水彩連盟展出品作品:その1「路地の向こうに」、その2「壁の時」:F60  

 水彩連盟展出品作品に手を入れるのももう最後の段階になってきました。
 本日は16日。18日午後には運送業者がこれらの絵を受け取りに来てくれるとの電話も入りました。
 明日は仕事のため出張なので、実質的に手を入れられるのは18日の午前中しかありません。ですから、本日は額装をして、戸外の光りで三脚を立てて撮影しました。
 私の環境では、これ以上きちんと撮影することは不可能ですから、これがもっとも現物に近い画像ということになるかもしれません。
#それでも随分違うような気がするのですが…。
#実は、昼間の光りの下で見ると、以下の画像でつぶれているように見えるところも意外と明るいので驚いてしまいました。

2009年水彩連盟展出品作品:その1「路地の向こうに」
【路地の向こうに】 <F60:アルシュ>

 シエナのカンポ広場に通じている路地から外を見た風景があまりにも明るく開放的で印象的だったので、こんな何かを期待させるようなタイトルにしてみました。
#カンポ広場までの道筋が比較的閉鎖的でしたので、余計にこの開放感が印象深く感じたのですが…。


2009年水彩連盟展出品作品:その2「壁の時」
【壁の「時」】 <F60:アルシュ>

 タイトルは、もう一つしっくり行かないのですが、この壁に刻まれた「歴史」、陽当たりを避け日陰で談話したくなる「季節」、木漏れ日が示す「時間」…そんなもの全てを「時」という言葉に含めたつもりです。
#もちろん、審査員にはそんなこと関係ないでしょうが…(^^ゞ。

category: ┗ 風景09年

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ