… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は10月19日(木)荒崎海岸(荒崎公園)」です。(10月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ少し余裕があります。)
「次回は0月20日(金)小島新田(運河)」です。(10月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

マルタ・イムディーナの路地:F4  

マルタ・イムディーナの路地:F4
<F4:ウォーターフォード>

 イムディーナの路地は完全に石の壁に囲まれている。そして、Silent City の呼称のとおり、人の気配があまり感じられない。
 どこを歩いても、ゴミ一つなく美しく保たれており、そして多様な路地空間を形成している。ここはそんな一つ。しかし、あまりの人気のなさにふと不安を感じてしまう。余裕のない私は、こんなところで悪意を持った人に出会ったら…と、できるだけ人に出会わないように願いながら歩くことになってしまう(^^ゞ。

category: ┗ 風景09年

tb: --   cm: 6

コメント

異国の狭い道でのすれ違いって怖いですよね。私がNYに行った頃、「ボトラー」と呼ばれていた、アジア人いじめの連中がいて、街ですれ違う際に手に持っていた安酒入りのビニール袋をわざと落として割り、いくばくかの小銭をせしめようとする輩がいました。
私も家族連れで歩いていた時にやられて、両手で妻と娘の手を引いて逃げた記憶があります。
今はそういうことはなくなったようですが、慣れない土地で大きくて〇い人にやられると日本人はビビッてしまいますよね。
今は、あれも懐かしい思い出です。

ふたば #vyMRz6gE | URL
2009/04/26 09:03 | edit

>ふたばさん

 ふたばさんでもそう思ったりしますか?
 海外では事情も良く知りませんし、たとえ一人でもそういう人間に出会ってしまえばこちらは被害者ですから、何かと気を使いますね。
 路地は魅力的ですが、私もそういう意味では少し緊張しながら…です。

のび太 #- | URL
2009/04/26 10:47 | edit

いいですね~古今東西を問わず路地はいいものですね。~。いい雰囲気に描かれていて行ってみたい気になります。

mojizurisou #/02qLiNA | URL
2009/04/30 20:35 | edit

>mojizurisouさん

 ありがとございます。
 路地には不思議な魅力がありますが、今、振り返って考えると、ここイムディーナの路地は、小さいのですが、特に不思議な魅力があったように思います。
 訪れた季節もあるのかもしれませんね。

のび太 #- | URL
2009/04/30 21:11 | edit

のび太さん、素敵ですね!
私はランプ、釣られた花、温かい色調の塗り壁が大好きで、全ての要素が取り入れられたこの美しい絵には限りない憧れを感じます♪
外国は静かな通りを歩くだけでも怖いものだと思いますが、一昔前では深夜に若い女性が一人歩きしても平気だった京都の街も、今はかなり物騒です
最も深夜出歩くことも最近ではありませんので、何の問題もありませんけど^^

マロニエのこみち・・・。 #aJgVJjS. | URL
2009/05/02 13:51 | edit

>マロニエのこみち・・・。さん

 比較的地味なこの絵に関心を持って頂いて、ありがとうございます。

 京都の町は昔からあこがれですが、なかなか訪れる機会がありません。少し物騒になっているというのは残念ですが、いつか訪れたいものです。

のび太 #- | URL
2009/05/02 20:07 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ