… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は08月17日(木)子安運河」です。(7月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ余裕があります。)
「次回は08月18日(金)戸塚区民文化センター(皆で同じ風景を描く)」です。(7月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

「第3回武蔵野バルビゾン会絵画展」オープン  

「第3回武蔵野バルビゾン会絵画展」1階の展示作品  「第3回武蔵野バルビゾン会絵画展」2階の展示作品


 いよいよ標記の絵画展が始まりました。
 私の絵は1階(写真左)と2階(写真右)の階段の登り口の所に何とか納まりました。
#他の人の展示との関係で、一部は1階に押し出されてしまい、私個人の勝手な思いでまとめた「日本の風景」と「マルタの風景」の壁面は崩れてしまいましたが、これは他の方達との調整の結果ですから仕方のないこと。そう思ってご覧下さい。
#それに他の方達の作品が並ぶ中に、水彩スケッチを展示しているのも何だか申し訳ないのですが、少し雰囲気が変わっていた方が見ていただくにもホッとした部分があって良いか、とこれまた勝手な思い込みです。(^^ゞ


 わざわざ足を運んでくれた友人達とも久しぶりに会って、そして私の絵画談義も聞いていただき、楽しい時間を過ごすことが出来ました。
#と言っても、展覧会はこれから…です。 よろしくお願いします。(*^_^*)

 会場で仲間から聞いた話しでは「Artis Japan」というサイトがあって、そこに、この展覧会の情報が出ているとのこと。
 そこで探してみたら確かにありました。その情報がこちらです。
 これはひとえに、ここに参加している他の方々の知名度のおかげです。私はその末端に加えていただいているだけですから、ただ感謝あるのみです。
#Artis Japan(アルティス ジャパン)は、日本・中国・朝鮮・アジア・ヨーロッパ・アメリカのArtist(芸術家)・Artisan(工芸家)「画家・書家・彫刻家・美術家・陶芸家・工芸家・文学家・茶道家・建築家・写真家・学者」などを中心とした関係人物 43,801 人を苗字、名前、号、本名、落款、別名そのよみがなから検索し、生没地や生没年などのプロフィール・経歴・文献・作品・資料・展覧会の詳細なデータを参照できる、会員制の日本語アートディレクトリーです。

「第3回武蔵野バルビゾン会絵画展」オープニングパーティ

「第3回武蔵野バルビゾン会絵画展」シャンソンの夕べの様子  「第3回武蔵野バルビゾン会絵画展」シャンソンの夕べの様子


 さて、18:00からはオープニングのパーティ。メインはシャンソン歌手広瀬俊郎氏を中心とするシャンソンの夕べです。
 7月4・5日、NHKホールで開催される「パリ祭」でもトリを務めると聞いたような…、そんなベテランの軽妙なおしゃべりと楽しい曲の構成で、くつろいだ一時を過ごさせてもらいました。

category: ●ご挨拶等

tb: --   cm: 2

コメント

バルビゾン展

最終日にお伺いするつもりでしたが、当日は色々とお忙しそうでしたので、急遽、今日行ってきました。知久さん(長野県のご出身)とおっしゃる方から色々解説していただきました。
日頃ブログで拝見している絵も素敵でしたが、私は伊那谷近辺を描かれた作品に大いに惹かれました。お逢いできなくて残念でした。

ふたば #vyMRz6gE | URL
2009/05/27 14:01 | edit

>ふたばさん

 わざわざ足を運んでいただきありがとうございました。
 伊那谷の風景、これらの絵は、2年ほど前
教室に入れていただく前に集中的に描いていたものです。気に入っていただいたようでありがとうございます。

 丁度、展覧会の会期のこの時期、義母の手術、仕事の重要な時期、車の車検、免許証の更新等、様々な日程が重なってしまい、会場にはなかなかいけず、申し訳ありませんでした。

のび太 #- | URL
2009/05/27 14:41 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ