… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」を主なテーマにしたブログ日記です。
 これまでの絵は「絵画ギャラリー」に展示しています。初めての方はまずはこちらへどうぞ。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。

◆木曜教室は一杯です。木曜でなければダメと言う方は平澤まで連絡してみて下さい。
「次回は08月17日(木)子安運河」です。(7月からの詳細)

◆金曜教室(新規にスタート。まだ余裕があります。)
「次回は08月18日(金)戸塚区民文化センター(皆で同じ風景を描く)」です。(7月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

公園の一隅(風景画教室・日比谷公園):F8  

公園の一隅(風景画教室・日比谷公園):F8
<F8:ウォーターフォード>

 ここは日比谷公園にある洋館レストランかな?(まだ中に入ったことがないのでどうなっているのか、確認したことがないので…)  以前は、公園側から正面を描いたことがあるが、本日はその側面を描いたものである。

 この建物の右が結婚式場になっている。ただそれほど魅力的というわけではない。
 最初、、どちらを描こうか迷ったが、今回はこちらを描くことにした。建物の風格もそうだが日が当たっている雰囲気が素敵だと思ったからである。それに結婚式場前にはパラソルが正面に何本も立っていて構図の決め方が難しかったこともある。
#とにかく両方を描くなんて欲張ることだけはやめようと思っていた。焦点がぼけてしまうのがわかっていたから…。
#建物を照らしていた日射しもすぐに陰ってしまったけど…。


 それにしても、教室で描く場合、どうしても急ぎすぎる傾向がある。
 「細心」かつ「大胆で勢い」の感じられる筆遣い…が理想なんだけど…。
 それと先生に指摘された「こくのある色彩」…か。
*    *    *    *    *


 皆が集まって講評が始まる直前に、個展の案内状を送った友人の奥さんから電話が入った。7月22日に友人が突然の病で亡くなったということだった。病気が判明してから18日とのことだった。
 
 仕事で知り合ったとは言え、すでに30年近いつき合いを続けてきていた。めずらしく<仕事だけでは終わらない数少ない友人>の一人だった。何回も飲んだり、奥さんともども海外旅行に行ったこともあった。コンサートに呼ばれたり…プライベートなつき合いもあった。彼がパソコンにのめり込んだのも私が冗談まじりに煽ったりしたからだった。そんな友人だった。 話題も豊富で楽しい人柄で私も好きな友人だった。だからこそ、仕事を離れても連絡を取りあってきたんだけど…。
 誰にも知らせないというのが本人の希望であり、葬儀も密葬で行ったとのこと。 「何かがあれば便りが来るだろう。自分の死はその人にだけ知らせてあげればそのうち自然に広がっていくだろう。だからそれで良い…。」と言い残して。

 君のことを記憶している人間がここに一人はいる…それで良いだろ。
 安らかに眠って下さい。

category: ┗ 風景09年

tb: --   cm: 2

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2009/08/29 01:22 | edit

>鍵コメさん

 どうやら私だったようですね。
 でも、あまり気にしないで下さいね。

のび太 #- | URL
2009/08/29 09:41 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ